• TOP
  • スポーツ
  • 本塁打激増でイチロー懸念の「頭を使わない野球」が現実に?

スポーツ

2019.04.17 07:00  週刊ポスト

本塁打激増でイチロー懸念の「頭を使わない野球」が現実に?

過去10年間の本塁打数の推移

 当然、投手にも影響がある。

「打ち取った打球でも、ボールがスタンドに入ってしまうのだから、投手にはたまったものじゃないでしょう。防御率の悪化はそのまま年俸査定に響きますからね。

 また、外野に打球を飛ばさせまいと思えば、投球は低めに集めることになりますが、ひとつ間違えると下から煽り気味にバットに乗せられる。意識しすぎるあまりにフォームを崩してしまうといった危険性もある」(同前)

 豪快な本塁打は野球の“華”だが、毎日が“満開”では味気ない。この春デビューした“新・長距離砲”たちの最終成績が見ものである。

※週刊ポスト2019年4月26日号

関連記事

トピックス