芸能

「時代は斉藤由貴に染まった」 計算し尽くしたデビュー秘話

現在も斉藤由貴の音楽活動をサポートする長岡和弘氏

 潤んだ瞳で一点を見つめながら、秘めた思いを直立不動で切々と歌う──1985年に歌手デビューした斉藤由貴は、どこか古風で特別なオーラを放っていた。芸能界入りのきっかけは最終選考まで残った1984年の「東宝シンデレラオーディション」。同年、「ミスマガジン」のグランプリを獲得し、『青春という名のラーメン』(明星食品)のCMで注目を浴びる。

「カメラマンの野村誠一さんの事務所で打ち合わせをしていたら、『ミスマガジンで、こんな可愛い子がいるんだけど』って写真を見せられたんです。『歌も歌うんですか?』と訊いたら、すごくいい声をしていると。ぜひ担当したいと思って会社に戻ったら、部長のところにも同じ写真が来ていたんです(笑い)」

 運命的な出会いをこう語るのは、現在も斉藤の音楽活動をサポートする元ポニー・キャニオンの長岡和弘氏だ。甲斐バンドのベーシストからディレクターに転身して5年目。その間に石川ひとみを『まちぶせ』(1981年)でブレイクさせるなど、着実に実績を重ねていた。

「すぐに『役者の仕事に繋がるような曲づくりをします』という企画書を書いたら、幸運にも担当することができて。私はかねがね、作家やアレンジャーは一定の期間固定して、統一感のある世界を作っていきたいと思っていたので、真っ先に筒美京平さんのところに行って、松本隆さんとのコンビで書いていただきたいとお願いしました」

◆計算し尽くしたひと足早いデビュー

 ゴールデンコンビには、斉藤が歌ったテープを渡した。

「原田知世さんの『時をかける少女』、松田聖子さんの『夏の扉』、中島みゆきさんの『悪女』、あみんの『待つわ』などが入っていたと思いますが、お二人とも『待つわ』がよかったとおっしゃった。それで路線が決まりました」

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二 YouTube開設も厳しい現実「ヒロミパターン」の復活はあるか
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン