芸能

媚びずに高視聴率の『バイキング』、ピエール瀧報道で失速か

『バイキング』の勢いが急落?

「最近、昼の帯番組の勢力図が変わりつつあります。調子のよかった『バイキング』(フジテレビ系)が、急に落ち始めたんです」(テレビ局関係者)

 32年間続いた国民的番組『笑っていいとも!』の後を受け、2014年4月に始まった『バイキング』。当初は曜日ごとにMCが異なっていたが2015年からは月曜担当だった坂上忍(51才)が、金曜までMCを務めている。

「放送開始当初は苦戦しましたが、2016年の夏から視聴率が上昇。2018年からは、同時間帯の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)や『ひるおび!』(TBS系)を圧倒し、1位となることも少なくなかった。その最大の功労者は坂上さんです。

 日大アメフト部のタックル問題や、大相撲の暴力事件や貴乃花一門騒動など、デリケートな話題を積極的に取り上げて、歯に衣着せぬ発言を繰り返してきた。媚びない姿勢が視聴者の心を掴みました」(スポーツ紙記者)

 一躍、昼の顔となった坂上だが、ここ最近、失速し始めているという。代わりに浮上してきたのが南原清隆(54才)がMCを務める『ヒルナンデス!』だ。

「3月は『ヒルナンデス!』に全敗で、4月もほとんど負けています。時事ネタを一切取り上げずにグルメや旅行など、マイルドな話題しか触れない『ヒルナンデス!』に視聴者を取られたことに、愕然としています」(『バイキング』関係者)

 風向きが変わったのは3月12日、麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧被告(52才)の事件を取り上げた頃だった。

「『バイキング』では瀧さんの相棒である石野卓球さん(51才)のツイートを否定的に取り上げたり、瀧さんの出演番組の公開自粛を反対する動きに疑問を呈したり、彼らの曲を特集して配信したサイトを売名扱いしたりと、“反電気グルーヴ”を前面に打ち出しました。それに対して“やりすぎ”“見当違い”などの声が上がったのです。

 番組の性質上、一度振り上げた拳を下ろすことができず、結果、他局に視聴者が流れてしまった。『ヒルナンデス!』の視聴率が上がったのは、“攻撃的な坂上”より、“穏やかなナンチャン”へと視聴者の気持ちが移ったのでしょう。まさに漁夫の利です」(別のテレビ局関係者)

 3月26日でサンドウィッチマンとYOU(54才)が『バイキング』を卒業するなど、人気レギュラー陣の“降板”も視聴者にはネガティブに映ったのかもしれない。

 とはいえ、もともと“嫌われキャラ”がウリの坂上はそう簡単に動じない。改元をきっかけに方向転換をするという。巻き返しなるか。

※女性セブン2019年5月9・16日号

関連記事

トピックス

紀子さま(時事通信フォト)
上皇ご夫妻とあわやニアミス! 紀子さま「隠密行動」の京都路でなぜか「見られなかったもの」
NEWSポストセブン
一門はどうなるのか(左から香川、團子、猿翁、猿之助、段四郎。2011年撮影/共同通信社)
市川猿之助、両親が飲んだ向精神薬に関する謎 葬儀は従兄弟・香川照之が仕切り役を担う可能性も
週刊ポスト
市議会で議長をつとめていた父・正道氏と青木容疑者
《長野立てこもり》父が語った「ウチの農園主になってくれた」長男である容疑者の名前を冠した『マサノリ園』親子の関係性
NEWSポストセブン
3年ぶりの民放連続ドラマ出演が決まった俳優・織田裕二(時事通信フォト)
織田裕二「え、主演じゃない?」「トレンディ俳優の終焉?」30年ぶりに脇役を快諾した深い背景
NEWSポストセブン
「特定抗争指定暴力団」に指定する標章を、山口組総本部に貼る兵庫県警の捜査員(時事通信フォト)
山口組機関紙にみる恒例行事「餅つき」「誕生会」 写真なしで具体的な報告がなくなった理由
NEWSポストセブン
佐々木朗希
佐々木朗希「登板回避」決めた恩師 母校に戻り指導の日々「可能性を持つ選手は他にもたくさんいる」
NEWSポストセブン
長野射撃場(SNSより)と高校時代の青木容疑者
《長野立てこもり4人死亡》「ガンマニアだったのかな」地元猟友会の元会長が目撃していた射撃場での青木政憲容疑者の姿 「眠り銃」の管理も課題に
NEWSポストセブン
帰宅ラッシュの駅に悲鳴が(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
【喫茶店で発砲、血の海に】町田・六代目山口組系組員射殺事件、事件直後の凄惨映像が出回る
NEWSポストセブン
花田虎上の元妻・花田美恵子さん(本人のインスタグラムより)
【激変の今】若乃花の元妻「元花田美恵子さん」激ヤセ、身長も縮み「顔が違う」インスタに驚きの声
NEWSポストセブン
両国国技館
逸ノ城グッズの特設コーナーが国技館の売店に! 5月場所が盛り上がるも在庫一掃セールが不調の理由
NEWSポストセブン
澤瀉屋の152年の歴史
市川猿之助が率いる「澤瀉屋」初代の破門スキャンダル以来、絶えぬトラブル 修羅道をひた走る152年の歴史
女性セブン
卒業アルバムにうつった青木容疑者
《長野立てこもり男》青木政憲容疑者(31)は「会話のキャッチボールが成り立たない人」近隣住民が抱いた「結婚式欠席」の違和感
NEWSポストセブン