芸能

広末涼子、中学生バスケ大会に出没して騒然「きれい…」

広末が長男のバスケの試合応援に訪れ保護者騒然

「えっ? あれってもしかして…」「ホントだ。肌がまっ白で、すごいきれい…」。熱気溢れる体育館では、そんなささやき声が聞こえていた。

 4月末、都内の体育館で中学生のバスケットボールの地区大会が行われた。懸命にボールを追いかけ、シューズの音を響かせる。子供たちのそんな姿に、コート脇で見つめる保護者たちの肩にも力が入っていた。しかし、選手以上に熱視線を注がれていたのは、保護者席の端に座った広末涼子(38才)だった。黒いキャップにグレーのセーターと落ち着いた装いにもかかわらず、ひと際目を引いている。

「中学3年生の息子さんの応援に来ていたようです。広末さんは真剣に試合を見ていましたが、あまりにもきれいでこっちの気が散ってしまった(笑い)。しかも、息子さんも広末さんに似て、超絶イケメンなんです。もう興奮してしまいました」(居合わせた観客)

 広末は2004年にモデルの元夫・岡沢高宏(43才)との間に長男を出産。その後、2010年に再婚したキャンドルアーティストのキャンドル・ジュン(47才)との間に2人の息子をもうけ、今や3児の母だ。

「広末さんはとても教育熱心で、女優としての仕事をこなしながらも『子育て優先』というスタンスを貫いています。夜遅い仕事や地方の仕事は極力減らし、“絶対に子供のお弁当は自分で作る”というルールを決めているそうです。学校行事にも積極的に参加し、昨年10月には次男の通う私立小学校の文化祭で、一般のママさんに交じって、運営に携わる姿も見られました」(スポーツ紙記者)

 そんな広末にとって、長男のバスケの試合を応援に行くのは最優先事項。ただ、このときの試合の写真は保護者にネットで公開されていたそうで、「きれいすぎる親子ツーショット」に対戦校の保護者は大騒ぎだったようだ。

※女性セブン2019年5月30日号

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン