ライフ

「高齢者こそ肉を食べてうつ病予防を」と医師アドバイス

肉好きで知られる高齢の有名人も多い

 毎日の食事内容は人の健康を大きく左右する。

「人間は年を取るほど粗食になるが、高齢者こそ肉を食べたほうがいい」と主張するのは、精神科医の和田秀樹医師だ。

「1日に摂取する肉の量はアメリカ300グラム、ヨーロッパ220グラムに対して日本は80グラムで、高齢者はさらに少ない。かつては肉を食べるとコレステロールが上がって危ないとされましたが、最近ではコレステロール値が高いほど長生きする上、肉を食べないと免疫機能が落ちてがんになりやすくなることも分かってきた」

 86歳にして世界の山々に挑む登山家の三浦雄一郎氏や黒柳徹子氏(85)など、肉好きで知られる高齢者は少なくない。

「肉を食べないと男性ホルモンが減少します。すると性的に“枯れる”だけでなく、記憶力や判断力が低下して人付き合いが億劫になる。肉を食べないと、身体と精神がともに老化するんです。

 肉には、神経伝達物質セロトニンの材料となる必須アミノ酸が多く含まれます。セロトニンが減少すると、うつ症状が進行して自殺率が高まります。事実、うつ病は人口の3%程度ですが、65歳以上では5%に跳ね上がる。うつ病を防ぐためにも65歳を過ぎたら食卓に肉を増やすことを意識してほしい」(和田医師)

※週刊ポスト2019年5月31日号

関連記事

トピックス

深田恭子と杉本会長(時事通信フォト)
《結婚目前で破局》深田恭子の交際相手が購入していた「平均販売価格20億円の超高級レジデンス」と「ハリー・ウィンストンの指輪」
NEWSポストセブン
イケメンを“お持ち帰り”した王林
王林に初ロマンス カラオケバーで意気投合した男性歌手を“お持ち帰り”、グイグイ引っ張りホテルへ
女性セブン
「KANA-BOON」のドラム担当・小泉貴裕
《ほんまに俺の子?》「KANA-BOON」ドラム担当が20代アイドルと妊娠・中絶トラブル 結婚ほのめかしながら交際、最後は「事務所が認めてくれない」
NEWSポストセブン
X JAPANメンバーが揃うことはもうない
「Toshlは自分だけが不参加だったことを翌日の報道で知った」YOSHIKI発起人のHEATHさんお別れ会の裏側
女性セブン
2022年8月、日本に強制送還された森川光被告
《国際ロマンス詐欺》男女30人から約1.1億円詐取で「懲役10年、罰金200万円」判決 “主犯格”が独占告白「控訴を考えている」
NEWSポストセブン
“泥酔キス”トラブルが報じられた自民党の山口晋・衆議院議員(写真/共同通信社)
“泥酔キス騒動”の山口晋・衆院議員に公選法違反疑惑が浮上 選挙区内の3自治体に計1500万円の寄附
週刊ポスト
ハラスメント行為が報じられた安楽(時事通信フォト)
【楽天・安楽パワハラ騒動】自由契約発表前でも「グッズがぜんぜんない!」仙台ファンの間で物議を醸していた“もう一つの騒動”
NEWSポストセブン
深田恭子(時事通信フォト)
《ハートどら焼きも》深田恭子、“二股”疑惑の演出家A氏がインスタに投稿していた生々しい「匂わせ画像」の数々
NEWSポストセブン
歌手活動を無期限休止中の氷川きよし
《姿を消した氷川きよしの今》歌手活動の無期限休止から1年、カジュアルコーデで現れた意外な場所「外国でいろいろチャレンジしたい」と海外志向も
NEWSポストセブン
羽生結弦(時事通信フォト)
【羽生結弦「105日間の新婚生活」の真相】母親はお相手を“完無視”か、“追い出し部屋”と化していた愛の巣
女性セブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
胸元があいたドレス姿の深田と杉本会長
《ゴールイン間近の急転》深田恭子が経営者恋人と破局 主演ドラマ演出家との“二股”がバレて結婚は白紙に!
女性セブン