ライフ

カレーと本の街・神田神保町に出現した角打ちに大満足の面々

近隣で働く人たちが毎夜集まり、賑やかな店内。中央が先代の今宮荘吉さん

「この街は、本屋さんとカレー屋さんが多いけれど、角打ちの店はここだけ。なんで1軒しかないんだよと最初は不満もあったけれど、逆に1軒しかないからいいんだと思う。ある人は見つけた時のうれしさが、ある人は最初に来た時の興奮が忘れられないというし。ここで過ごす時間の安心感は何事にも代えがたいんでね。今では、この店があることに大満足で、大感謝もしています」

 これは、東京・神田神保町にある『阿波屋(あわや)酒店』常連客の一致した意見だ。

 2003年1月、神保町再開発の第一弾として完成したタワービルの1階に移って来たのだが、もともと、この店は、3代目店主・今宮友行さん(49歳)の祖父が、明治40年に徳島の藍染会社を脱サラして東京・八丁堀で酒屋を始めたという、超老舗。徳島の藍染ということで阿波屋の屋号にしたというわけだ。

「その後、父親(荘吉さん・85歳)が昭和35年にこの近くに店を移して、昭和そのものの建物で酒屋を続けました。母親(登史子さん・故人)を看板女将に、角打ちも控えめにやっていたようです。このビルに移ってからは、角打ちをやっていなかったのですが、友人の助言もあって、角打ちを再開して4年目になります。でも、実は、なんでみんなこんなに楽しそうに飲んでいるのかというのが、まだよくわからない(笑い)。まあ、そんなお客さんを見ているのは楽しいですけどね」

 新しいビルだけに角打ちスペースは清潔感にあふれ、明るい。片面がガラス張りで、ブラインドを上げれば薫風に青葉を揺らす街路樹や、今日はあそこで飲もうとうれし顔のサラリーマンたちの行き交う姿などが眺められて、密室感もない。

「僕らふたりは、大学の同窓で70代。同僚や後輩から若く見えるとよく言われるんだけど、それはずっとこの店で角打ちしているせいです、絶対に。だって、ここで出会って飲むのが、いい客ばかり。それに、ここの若旦那は、いつも私ら目線と同じ高さにいて痒い所に手が届く人なんですよね」(建築業)

「30分でもいいんだ。ここで飲みながら会社での悩みなんかを話すと気分が晴れてくるのさ。そうすると家に帰った時に女房にいい笑顔を見せられるからね。この店は、相手になってくれる若旦那もいいし、おじいちゃん(先代・荘吉さん)も粋なんですよ」(50代、別の建設業)

つまみは乾き物中心だが、おにぎりなど総菜も置いてある

「私らは45歳、50歳、55歳。同じ職場の席が近いもん同士で、よく一緒に来るんです。酒は安いしうまい。つまみも、飲んべえの口に合う乾き物が豊富で、ちょっとした総菜も、ちゃんと小分けして出しくれる。わがままを言わせてもらえるなら、もっとテーブルを増やして角打ちスペースを広げてよってね。だって、仲間をもっと増やしたいんですよ」(建設業)

「会社からの線路を家への線路に切り替えるには最適な場所。本当に気持ちを弛緩させて1杯飲める所。ちょっと他所にはないですよ。8時を過ぎると一緒に飲んでくれたりする若旦那にも感謝です」(60代、一般企業)

「いつもね、ここの楽しい雰囲気に触れながら、大好きな焼酎ハイボールを1缶だけ飲もうと思って仲間と来るんですけどね。でも、甘みが少ないし辛口でさっぱりしてるじゃないですか。いつものことですけど、これを1杯だけで帰るっていうのは無理ですよ(笑い)」(40代、スポーツ用品メーカー)

「自分のなかでは、酒屋としては新参者だと思っています。だからといって、これからの時代、店舗を大きくするのは難しいでしょうし、考えていません。角打ちについても、もっともっと広めていこうというつもりもないんです。でも、マイナス思考ってことではなくて、基本的には、自分のできる範囲でやれることをどんどんやって行こうと決めているんです」(友行さん)

 つまり、平成の終盤に本の街、カレーの街で始まった明治創業の『阿波屋酒店』の角打ちは、令和の時代も楽しく続いていくことは間違いないということだ。

先代の荘吉さんが店に出ていることも多い。明るく元気な人気者だ

■『阿波屋酒店』
【住所】東京都千代田区神田神保町1-103東京パークタワープラザ109
【電話番号】03-3291-2510
【営業時間】17時~21時半
【定休日】土曜・日曜・祝日)。
焼酎ハイボール180円、ビール大びん460円。焼きあご340円、おにぎり(わかめ110円、高菜120円)、揚げ塩落花生120円。

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン