ビジネス

BMW 523d M Sportが「ただ速いだけ」と感じられた理由

BMWのプレミアムセダン「5シリーズ」

BMWのプレミアムセダン「5シリーズ」

 BMWといえば、メルセデス・ベンツ、アウディとともに「ジャーマンスリー」といわれるドイツ車を代表するプレミアムブランドだが、近年は格下ブランドの追い上げも激しく、上質感で差別化を図るのが難しくなりつつあるという。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏が、BMWの代表格である高級セダンに試乗して辛口レポートする。

 * * *
 世界的に強まるCO2(二酸化炭素)排出量規制。乗用車分野でその影響をモロかぶりするジャンルは、言うまでもなく中大型乗用車や高性能車などのプレミアムセグメントだ。

 これらは宿命的に消費エネルギーが大きくならざるを得ないため、電動化や内燃機関の高効率化など、投入できる技術は高くても何でも入れていかなければならず、高コスト化は避けられない。

 一方で、自動運転化やシェアリングの時代を迎えても、自分の経済状態に合わせてより良いモノ、サービスを求めるというニーズが消えるわけではないので、マーケットは確実にある。これらの領域をビジネスの主体としてきた自動車メーカーは、痛し痒しの非常に難しい状況に置かれている。

 そんなブランドのひとつであるドイツの老舗、BMWのプレミアムEセグメント(全長おおむね5m弱)級セダン、「5シリーズ」を1500kmあまり走らせる機会があった。本拠地の欧州市場ではメルセデス・ベンツ「Eクラス」と販売を競っている。

 テストドライブしたのは排気量2リットルのターボディーゼルを搭載した「523d」で、強化サスペンションを持つ「M Sport」という仕様。コースは東京を起点とした関西周遊。途中、和歌山の高野山などの山岳ルートも長駆してみた。

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン