芸能

浅田美代子『釣りバカ日誌』で2代目みち子さんを演じた葛藤

浅田美代子が『釣りバカ日誌』シリーズでの葛藤を語る

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、タレント・女優の浅田美代子が、結婚と離婚を経て芸能界に復帰し、映画『釣りバカ日誌』主人公の妻「みち子さん」の二代目として参加したことについて語った言葉をお届けする。浅田の他の代表作には『時間ですよ』や『寺内貫太郎一家』などがある。

 * * *
 浅田美代子は一九七七年に結婚して芸能界を引退。その後、一九八三年の離婚を機に復帰している。

「二十八ぐらいで出戻ってきたんですよね。今と違ってあの当時は離婚ってもっと悪い印象があったのね。かわいそう──みたいな。それが凄く嫌で。

 仕事も『かわいそうな役』ばかり来るんです。幸薄い役。そういうのは絶対に嫌なので、なるべくやらないようにしていました。それで仕事があまりできなくなって、親に借金までしていました。そういう『嫌だ、嫌だ』と我慢していた時代があって、そのうちに『からくりTV』とかがあって、それで救われたのかもしれません」

 九四年の『釣りバカ日誌7』から、西田敏行扮する主人公「ハマちゃん」の妻「みち子さん」の二代目として参加。〇九年の最終作まで演じ続けた。

「これも悩みましたね。『7』からでしたから。『6』までは違う人がやっていて、その印象が絶対にできているわけですよ。途中で代わると大体は『前の方がよかった』と言われるじゃないですか。それに『合体』とかあるけど、私は色っぽくないし、どうなんだろうと思っていたんですよ。

 でも、たまたま弟が漫画の原作を読んでいたから私も知ってはいたのね。映画は観ていなかったんですけど。そうしたら、原作者の北見けんいちさんが『イメージは最初、浅田さんだったんですよ』って言ってくれたので、『あっ、できるかも』って思ったんですよ。たしかに、漫画の方はポニーテールを結っていたりして、そんな色っぽい感じではなかったですからね」

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト