• TOP
  • ビジネス
  • ありそうでなかったペットボトルに名札タグ、商品開発秘話

ビジネス

2019.07.01 16:00  女性セブン

ありそうでなかったペットボトルに名札タグ、商品開発秘話

シャチハタの『オピニ わたしの物タグ』

 女性ならではの視点で文具の開発を行うシヤチハタの「オピニ」シリーズから、ペットボトルなどに簡単に名札がつけられるタグ型メモ『わたしの物タグ』(カラーはホワイト、ピンク、クリームの全3色。62×107mm、枚数50枚。486円)が発売された。

 ありそうでなかったこの商品、どんなところが画期的なのだろうか。開発担当者に話を聞いた。

 職場などで、自分の飲み物を共有の冷蔵庫に保管する際、記名することになっている会社が多い。また、ルールはなくとも、どれが自分の物なのか判別できるように名前を書いてから保管するという人もいるだろう。そんな時に活躍するのが、『わたしの物タグ』だ。

 同商品は、シヤチハタの女性社員チームが開発を行う「オピニ」シリーズの1つ。オピニのコンセプトは、文具にまつわる女性の不満や要望に向き合い、仕事のモチベーションをアップすること。

 これまでも、味気ないデザインになりがちな“事務事務しい”文具を、女性ならではの視点で使いやすくできるように、2004年から開発を続けてきた。

 アイディアの構想は2017年から。「ペットボトルなど、付箋が剥がれやすい物に自分の名前をつけられるものがほしい」という開発チームの声がきっかけだった。ターゲットとなる20~30代の女性に調査を行ったところ、需要を見込めることがわかり、2018年に本格的に開発がスタート。開発チームには、女性に任されがちな冷蔵庫の管理という“見えない仕事”の負担を減らしたいという思いもあった。

 当初参考にしたのは、ポン酢などの瓶入り調味料のネック部分についている販促POP。

 当初は、メモの形は瓶入り調味料のPOPの形を取り入れたドーナツ形だったが、使用できるものが限られてしまうことが問題だった。決まったサイズのペットボトル以外にも、飲み口が広いボトル缶、さらにはお弁当やお菓子のパッケージなどにも使えるよう用途を広げる必要があった。

 そこで、サイズアップして穴に切り込みを入れ、細口のペットボトルから太口のボトル缶まで使用できるように対応。また、メモ部を折り込むことで、メモとして使用する時に目隠しができるようになっている。

 今年4月に発売されると、SNSを中心に関心が集まった。冷蔵庫内の保管管理上の不満について共感を得られたからだ。

「会議でボトル入りの飲み物を出す際は席次表の代わりにもなるので、汎用性の高さからも注目が集まったのだと思います」と、開発担当者は語る。

 また、初対面の人が顔を合わせることのある趣味の集まりで、名札代わりに使う人もいるという。たしかに、飲み物に名前がついていたり、イラストが描いてあったりするとコミュニケーションがスムーズになりやすい。

 冷たいものが飲みたくなるこれからの季節、オフィスの冷蔵庫などで活躍するのでは。

※女性セブン2019年7月11日号

関連記事

トピックス