ライフ

サマージャンボ宝くじ カギは「新天皇ゆかりの売り場10」

サマージャンボ発売は7月2日から8月2日まで

 サマージャンボ宝くじが7月2日から8月2日まで発売される。1等前後賞合わせて7億円。「令和」への御代替わりとなって初めて発売されるジャンボでは、“新天皇ゆかりの売り場”にあやかりたい。

「ジャンボの愛称で宝くじが初めて発売されたのは昭和54年。その後、平成の31年間、さらに令和の世まで続いてきました。新元号の下で初めて発売される記念すべきジャンボだけに、新天皇・皇后両陛下ゆかりの地の売り場に、より一層ツキが集まるのではないでしょうか」

 そう話すのは宝くじ研究家の“山ちゃん”こと山口旦訓(かつのり)氏。今回は別掲表の通り、ご成婚前に両陛下がデートを重ねた「新浜鴨場」近くの市川妙典CC(千葉・市川市)、一家でご静養される「那須御用邸」に近い黒磯メガドンキホーテCC(栃木・那須塩原市)など全国10か所を厳選した。

◆皇居にいちばん近い売り場

 山口氏がまず推すのが、皇居のお濠端から2ブロックほど、JR有楽町駅脇に店を構える有楽町大黒天(東京・千代田区)だ。

「駅構内にある売り場が本家で駅脇が分家ですが、分家のほうで2017年年末の1等前後賞合わせて10億円が2本も出て、超人気売り場になっています」(同前)

 肥田俊之店長も意気込みを見せる。

「店先には木彫りの大黒天様が鎮座し、発売初日には深川の大黒様で知られる圓珠院のご住職に開運祈願をしていただきます」

関連記事

トピックス

河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン