ビジネス

「MAZDA3」に続いて2や6も 数字車名はマツダの価値上げるか

旧アクセラの車名を廃して生まれ変わった「MAZDA3」(AFP=時事)

旧アクセラの車名を廃して生まれ変わった「MAZDA3」(AFP=時事)

 2012年に投入したSUVの「CX-5」以降に始まったマツダの新世代カーが、去る5月24日に発売した「MAZDA3」によって第2ステージに入った。「MAZDA3」は旧車名の「アクセラ」を廃止し、社名と数字を冠した名になったことでも話題を呼んだが、この流れは既存車にも続々と適用される。果たしてマツダが目指す新ブランド訴求は奏功するのか。経済ジャーナリストの河野圭祐氏が、「MAZDA3」の販売戦略とともにレポートする。

 * * *
 マツダは5月に発売した「MAZDA3(旧アクセラ)」に続き、年次改良のタイミングで、7月4日から「アテンザ」を「MAZDA6」に、近日中に「デミオ」を「MAZDA2」に車名変更する。「これからは、マツダというブランドでお客様に選ばれたい」(福原和幸・常務執行役員国内営業担当)という狙いからだ。

 

7月4日から「MAZDA6」になるアテンザ

7月4日から「MAZDA6」になるアテンザ

「MAZDA2」に車名変更予定のデミオ

「MAZDA2」に車名変更予定のデミオ

 クルマのペットネームと言えば日本や米国では多いものの、欧州メーカーのクルマは少ない。マツダはグローバルで見ると、ホンダやスバルにおける米国、スズキにおけるインド、三菱自動車工業におけるASEANなど、突出して強い国や地域のマーケットはないバランス型だが、ドイツでは昔から、ボディ剛性などでマツダ車の評価は高かった。

 そうした点に照らすと、マツダのペットネーム廃止の流れは自然にも思えるが、社内ではどんな議論があったのか。

「バブル経済の時代、5チャネル販売体制だった時にも数字や記号の車名を使っていたのですが、当時は各チャネルにまたがって新車を乱発していたこともあり、お客様から『本当にわかりづらい』と言われていました。一方で現在、『デミオ』や『アテンザ』という車名に愛着を持っていただいているお客様も多くいらっしゃる。そこでまず調査を行いました。

 2012年に『CX-5』を出して以降、『CX-3』、『CX-8』とペットネームではないSUVを出して定着していったおかげかもしれませんが、ペットネームでなくても抵抗がないお客様も多いという調査結果が出たのです。また、販売会社にも事前に聞き取り調査してみたところ、こちらも問題なしと。ならばということで、『MAZDA3』が出るタイミングで変えていくことにしたわけです」(前出・福原氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン