国際情報

ダライ・ラマ トランプ大統領を道徳心が足りぬと批判

トランプ氏を厳しく批判した

トランプ氏を厳しく批判した

 チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世は6月下旬、チベット亡命政府の本部があるインド北西部のダラムサラで、英BBC放送のインタビューに応じて、トランプ米大統領を批判した。ダライ・ラマは、「いまのアメリカの大統領は道徳心が足りないようだ。早く『アメリカ・ファースト』という主張を撤回すべきだ」と語ったのだ。

 ダライ・ラマは1989年ノーベル平和賞受賞後、米ホワイトハウスで歴代の米大統領と必ず会談しているものの、大統領に就任して約2年半が経過するトランプ氏とはまだ1回も会っていない。このため、トランプ氏が経済的な利益を重視した「アメリカ・ファースト」主義を掲げ、民主化や宗教の自由などの価値に関心を示さないことに、ダライ・ラマが怒りとともに焦りを感じているとの見方をBBCのインタビューアーは示している。

 ダライ・ラマは会見のなかで、「アメリカ・ファースト」について、「彼(トランプ大統領)は大統領になってから、アメリカ・ファーストを強調しているが、これは間違いだ。アメリカは国際的な責任を担うべきだ。トランプ大統領は感情的であり、少しばかり複雑な(性格の)ようだ」と指摘した。

 これについて、ダライ・ラマをインタビューしたBBCのラジニ・ヴァイディヤナザン南アジア特派員は、自身のツイッターでこう指摘した。

「非常に重要なことは、ダライ・ラマはこれまでトランプ大統領と会っても話してもいないことだ。なぜならば、ダライ・ラマはこれまでのオバマ大統領やジョージ・W・ブッシュ大統領とは強い関係を築いてきた。ブッシュ氏にいたっては、ダライ・ラマを慕うあまりダライ・ラマの絵を描いているほどだ」

 ダライ・ラマはトランプ大統領のほか、欧州諸国のリーダーが移民に否定的なことについても批判的で、「移民を受け入れて、教育を受けさせるべきだ。ただ、そのあと、自分の国に返すようにすればよい」などと主張した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
(写真/GettyImages)
花粉症の薬、安易に服用し続けることのリスク「急に乱暴に」「認知機能低下」の例も
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン