ビジネス

JR東海はなぜ車掌による「英語肉声アナウンス」を始めたのか

東海道新幹線と富士山(時事通信フォト)

観光客人気が高い新幹線から見える富士山(時事通信フォト)

 増える訪日外国人に対して、どのように対応するのかは日本のサービス業にとって喫緊の課題だ。公共交通機関でも多言語対応がすすんでいる。掲示や自動音声の種類を増やし、AI(人工知能)を利用して臨機応変にやりとりできることを目指したものもある。そんななか、東海道新幹線では車内放送で車掌の肉声による英語アナウンスが始まっていた。自動アナウンスが主流となっているいま、あえて肉声アナウンスを実施する狙いについて、ライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
 訪日外国人観光客数が年間3000万人を突破。その経済効果は、年間で1兆円を超える。かつて訪日外国人観光客の大半は、中国・韓国・台湾・香港が多くを占めた。最近は、欧米や東南アジアなど、幅広い地域から観光客が押し寄せるようになっている。

 最近の訪日外国人観光客が足を運ぶのは、東京・横浜・京都・大阪といった大都市圏だけではなくなり、地方都市にも及ぶようになった。そのため、鉄道の車内で外国人観光客のグループを見かけることも珍しくない。

 地方都市にも足を運ぶようになった外国人観光客の影響を受け、日本の大動脈でもある東海道新幹線は車内放送で車掌の肉声による英語アナウンスが聞かれるようになった。

 この肉声の英語アナウンスに対して、「まさにザ・日本人の英語という感じ。聞いていて恥ずかしくなる」「流暢ではないけれど、温かみを感じる。臨機応変に対応してもらえる」と賛否が入り混じった議論が巻き起こった。

 東海道新幹線だけではなく、JRグループ、私鉄各社は外国人観光客に対して掲示板の多言語表示や自動音声による英語の案内などを流して対応してきた。しかし、多言語表示もテープによる自動音声案内も、機械化の産物に過ぎない。いざというときは覚束ない。

 車掌の肉声による英語アナウンスは、状況に応じて対応できるというメリットがある。しかし、英語の習得には手間と時間を要する。英語でアナウンスができる人材育成は簡単ではない。いくら訪日外国人観光客が増えているとはいえ、わざわざJR東海が手間を要する肉声アナウンスに取り組む理由は何だろうか?

「特に、肉声による英語アナウンスにこだわっているわけではありません」と説明するのは、JR東海広報部東京広報室の担当者だ。

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン