国際情報

中国でも燻る年金不安 若者は「フェイクニュース」に動揺

若者は「老後」が不安?

 経済成長著しい中国にとっても、「年金」は社会問題であるらしい。現地の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

 * * *
 2035年、中国の養老金(年金)はすべて底をつく──。7月11日、中国共産党中央機関紙『人民日報』は、〈「注目」 年金の資金はすべて使い尽される? 真相は……〉というタイトルで年金問題を取り上げた。

 もちろん全否定することが目的の報道で、記事は書き出しから、〈最近、“年金が2035年には使い尽される”というフェイクニュースがまたしても広がっている。80年代、90年代以降に生まれた世代は本当に年金を受け取ることができないのか?〉と、噂をフェイクと決めつけている。

 奇しくも日本でも老後資金が2000万円不足──人生100年時代に備える場合──するというニュースが世間を騒がせたばかりだ。いずれにせよ社会保障費が重いことは、どの国にも共通する悩みになるなか、同じように高齢化社会へとまっしぐらに向かう日中が同じように話題で騒いでいるのだから面白い。

 記事の中で、「またしても」という記述があるのは、今年4月に同様の噂がネットを駆け巡ったからである。

 逆に考えれば、4月の時点で人社部(人力資源・社会保障省)をはじめ社会科学院などを総動員して火消しを行ったにも関わらず、こうして疑惑が再燃したということで、人々の関心の高さがうかがえるのだ。

 発端は、一部の地方で年金の資金が不足しているとの統計が出されたことだったが、これは、支え役の現役労働者が流出する地方と流入する地方との違いから生じてしまった問題であり、誤解を恐れずに言えば「調整すればよい」ということのようだ。

 それにしても80后、90后と呼ばれる若者たちが、経済がこのまま拡大してゆくという前提で考えられている年金を無邪気に信じられるはずはないのだから、ちょっとした噂に動揺するのも無理はない。その事情は日本もまた同じである。

関連キーワード

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン