• TOP
  • 国内
  • 京アニ被害者、友人に「今後何回もエンドロールに名前載るよ」

国内

2019.07.27 07:00  女性セブン

京アニ被害者、友人に「今後何回もエンドロールに名前載るよ」

火災は30人以上の命を奪った

火災は30人以上の命を奪った

 単独犯による犯行で戦後最大の被害者を出した京都アニメーション放火事件。34人の命を奪ったのは青葉真司容疑者、年齢は41才だ。

 事件発生後、初めての週末。事件現場からは人の姿が途絶えることがなかった。3階建ての建物は一目で、中が全焼していることがうかがえる。ベージュのタイル貼りの外壁は黒く煤けていて、窓枠やベランダの手すりは、ぐにゃりと曲がっている。近づくと、焦げたようなにおいが鼻をつく。献花台に花を捧げ、頭を垂れる人たちには、外国人や若者の姿も目立つ。

 アニメ制作会社は、NHKの朝ドラ『なつぞら』の舞台でもあり、注目を浴びる存在でもあった。特に京アニは、多くのヒット作品を生み、優秀な人材を輩出するなど、アニメ業界でも一目置かれるアニメーターたちの夢の会社である。

 亡くなった34人、負傷した34人(7月23日現在)は、ここに至るまでそれぞれの道を歩んできた。

 献花台から少し離れたところで、小柄な老いた女性が肩をふるわせていた。握りしめた花束に顔を埋めて嗚咽を漏らし、何度も深呼吸をしている。短い髪には白髪が交じっている。

「昨日も来たんやけど」と語る79才の女性は孫を失った。

「花が好きな子やったからな。絵も好きで。私は反対してたんです、もっと普通の仕事をしたらと。でも本人は絵がやりたいと。ここで仕事をして、もう5~6年になるのか。最後に会ったのは4月やったんですけどね。そんなに深く話もできてなかったのに…人様になんの迷惑もかけていないのにあんな死に方なんて…たまりません」

 涙を止めることのできない若い女性は、高校時代の友人“メグ”を奪われた。

関連記事

トピックス