芸能

小籔千豊の前で話すNSC若手芸人に芸の世界の残酷さを見た

NSC卒業でも面白いとは限らない(イラスト/ヨシムラヒロム)

NSC卒業でも面白いとは限らない(イラスト/ヨシムラヒロム)

 吉本総合芸術学院、略称のNSCで呼ばれることが多い吉本興業が創立した新人タレント養成所は、第1期生のダウンタウンをはじめとして多くの有名お笑い芸人やタレントが輩出されている。大阪だけでなく東京や他地方にも設置され、NSC卒業生は増えるばかりだ。NSC出身でプロの芸人となったがまだ芽が出ない若手を対象に、小籔千豊が笑いを取れるよう短期集中トレーニングを施す番組『笑イザップ』(大阪チャンネル)があるが、なかなか彼らは面白くならない。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、美大生時代の自分とNSC出身芸人との共通点に気づき、考えた。

 * * *
 関西で人気のテレビ番組が月額480円で見放題のアプリ「大阪チャンネル」。主に提供される番組は在阪民放局のバラエティ番組だが、アプリでしか見られないコンテンツも用意されている。その1つが『笑イザップ』だ。

 若手芸人を独自の短期集中プログラムで1ヶ月間トレーニング。面白い芸人になれるかを検証していく。トレーナー役は『人志松本のすべらない話』でMVS(Most Valuable すべらない話)を2度獲得した小籔千豊。芸人にとっての基礎となる「エピソードトーク術」を若手芸人に叩き込む。

 第1話で小籔はトレーニングの被験者を選ぶためオーディションを開く。集まった吉本クリエティブエージェンシー所属の若手芸人が順々にエピソードトークを披露していく。

 その様子を観れば誰しも気づくだろう。オーディション参加者の多くが「人を笑わせる」段階まで至っていないことに……。話が右往左往する人、聞き取れないほど早口な人もいる。総じて悪い方にクセが強い。そして、皆総じて語気は強い。

『笑イザップ』とは「エピソードトーク術」を向上させる番組。ある程度話せる若手芸人が被験者となっても効果が薄いことは理解している。それにしても、話ベタな若手芸人が多すぎやしないか。芸歴は短いとはいえプロの芸人、一般人より上回る面白さは持っていて欲しい。

 エピソードトークで人を笑わせることは、コミュニケーション能力の賜物だと思う。話を披露する以前に、話を聞いてもらう状況を作り出さなくてはならない。「コイツの話は面白い」といった信頼関係を築くことが必須である。しかし、若手芸人の多くは信用を勝ち取った経験がないのだろう。小籔の顔色を気にすることなく、力強く話し続ける。学生時代はきっと冴えなかったメンツ。学生時代、クラスで笑いをとっていた人気者は参加者にはいない。

「根暗のヤツの方が実は面白い」、かつて松本人志が打ち出したテーゼの一つである。『アメトーーク!』でも「中学時代イケてなかった芸人」といった企画が人気を集めた。僕自身、イケてなかった側である。松本のテーゼを信じていた、いや信じたい。しかし、『笑イザップ』を観ていれば疑念も湧いてくる。テーゼ間違ってるんじゃね……、と。

 落ち着いて考えればわかる。クラスの端にいる「本当は自分が面白い」といった自意識を持つ人が面白いはずがない。教室の中央で騒ぐ、イケている人気者の方が面白いに決まっている。

 とはいえ年間1000人が入学するNSC、なかにはイケてない青春を送ったのにも関わらず、売れる芸人もいる。陰惨な学生時代を持ちネタとして披露し、笑いをかっさらう。その姿がメディアに取り上げられるから勘違いが起こる。

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
駅伝でも“エスビー軍団”は最強を誇った(1984年の東日本実業団対抗駅伝で瀬古からタスキを受けるロス五輪1万m代表の金井豊。写真/共同通信社)
瀬古利彦を育てた中村清監督、エスビー時代に繰り返し伝えた「才能は有限、努力は無限」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン