国内

ゲリラ豪雨時の渋谷の恐怖、その他危険地帯の見分け方

東京23区浸水危険度マップ

「たとえて言えば、洗面器をお風呂に浮かべ、水が入らない程度に押さえつけた“洗面器の底”がゼロメートル地帯です。浴槽の水面より低いところにある洗面器の底に住宅が建ち並び、洗面器の縁、すなわち薄い堤防でなんとか浸水を防いでいる。豪雨だけでなく、地震などでも堤防が壊れれば雨が一滴も降らなくても洪水が押し寄せます。常に危険と隣り合わせの、リスクが高い場所なのです」

 ゼロメートル地帯が水害に弱い地域であることは感覚的に理解できる。さらに言うと、その“洗面器の底”にも凸凹があり、水が流れ込んできた時、低地には一気に水が集中することになる。その場所こそ、水害最危険地点といえる。

 土屋さんは見分ける1つの方法として「地名」を挙げる。

「危険な場所は、実は地名から判断できます。水に関係した地名がついた場所は特に警戒した方がいい」

 たとえば東京には「四ツ谷」や「日比谷」「渋谷」「市ヶ谷」など谷のつく地名が多いが、実際に標高の低い「谷」であることがほとんど。埋め立て地を示す「埋め」の当て字であることが多い「梅田」なども注意すべき地名だという。

 それらは“言い伝え”のレベルではなく、専門家の最新研究でも明らかになっている。2019年6月、東京大学と早稲田大学が共同研究として発表した「東京23区浸水危険度マップ」では、都心エリアのほとんどが危険地点だと指摘しているのだ。

 同マップは最新技術を駆使し、東京23区内の道路や下水道、貯水施設、そして雨水を川に流すポンプ場の能力はもちろんのこと、そこにある建物の建ぺい率や容積率に至るまでのデータを分析している。マップによれば、1日に50万人が通行する渋谷のスクランブル交差点も危険地域だ。

「地形だけを考えても“ゲリラ豪雨が降ったら渋谷の交差点にいてはいけない”とはっきり指摘できます」

※女性セブン2019年8月22・29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン