国内

五輪中に大地震起きたら 民泊外国人の避難所難民が増えるか

地震対策は大丈夫?(写真/EPA=時事)

 もし東京五輪の開催中に「首都直下型地震」が起こったら、甚大な被害を招きかねない。政府の中央防災会議によれば、M7.3クラスの都心南部直下地震が起こった場合、首都圏の死者数は最大で2万3000人にのぼると想定されている。皇居や東京タワーなどの名所を巡るマラソンコースには、下町の木造住宅密集地域もあり、火災のリスクが高く、大きな危険が潜む。また、東京湾の最奥部にあるフェンシングやレスリング会場(幕張メッセ)や、セーリング会場の江の島ヨットハーバー(神奈川)は津波被害が広範囲に及ぶと予想される。

 一次災害(地震)、二次災害(火災・津波)を免れた観客は「避難所」に向かうことになるが、ここにも困難が待ち受けている。

 東京都内の避難所は、平時ですら不足すると指摘されており、五輪期間中には“避難所難民”がさらに増えることも想定される。防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実氏が警鐘を鳴らす。

「観客は、会場周辺の公園などの広域避難場所に“一次避難”した後、自治体が開設する屋内の避難所に向かうでしょう。

 しかし、避難所が対象としているのは、基本的に“地域住民”です。住民でない観客を収容すると、地域の住民が入れなくなり、パニックになったり、観客が屋外の広域避難場所に戻されるケースもあり得るでしょう」

◆「民泊」宿泊の外国人が「避難できない!」

 東京周辺では、避難所だけでなく、五輪の観客が宿泊する「ホテル不足」も叫ばれている。みずほ総合研究所の試算によれば、五輪開催中は最大1万3700室程度の客室不足が発生。開催までの1年で需要を満たせる見通しは立っていない。

 そこで、「民泊」を利用する国内外の観客が増えると見られるが、ホテルなどの宿泊施設に比べ、災害対策が行き届いているとは言い難いのが現状だ。

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン