スポーツ

渋野日向子がますます人気者に、後見人はあの「元賞金女王」

大フィーバーの渋野に心強い援軍(時事通信フォト)

 全英女子オープンを制し、凱旋帰国を果たしたプロゴルファー・渋野日向子(20)だが、連日の取材攻勢に流石にお疲れのよう。「NEC軽井沢72」(8月18日最終日)で惜しくも優勝を逃したが、同大会の初日にマネジメント事務所からマスコミ各社に、休養のため地元・岡山に帰る渋野への「取材自粛のお願い」と題された文書が配布されていた。

「実家近隣での取材などを禁止する内容でした。あくまで“お願い”だが、違反した社にはコースで取材を受けないといった対応も予想されるため、各社とも自粛の構え。通達を出したのは新たに渋野のマネジメントを担当する事務所『ZONE』で、元賞金女王・古閑美保(37)の従兄弟が社長をやっていた事務所の流れを汲んでいる。

 現在も古閑や有村智恵(31)、笠りつ子(31)らが所属し、メディア対策を心得ている。何より、これからは古閑がフォロー役に回ってくれるので、渋野は相当心強いはず」(ツアー関係者)

 歯に衣着せぬ発言で引退後も人気の高い古閑は、業界での存在感も大きい。

「かつて宮里藍(34)が高校3年でツアー優勝を果たし、“藍ちゃんブーム”を巻き起こした時は、ロッカールームで傘を壊されるといった、妬みからの嫌がらせと思われる騒ぎがよく起きた。それに嫌気が差したことが、宮里の米女子ツアー参戦の一因と囁かれた。

 渋野も同じような目に遭わないか心配されていたが、レポーターとして毎週のようにコースに来る古閑が“後見人”なら誰も手は出せない。古閑の人脈でオフのテレビ特番の出演機会も増えるでしょうし、ますます人気者になるはず」(担当記者)

 世界ランキングも12位(8月19日現在)となり、日本人トップの畑岡奈紗(20)の9位が射程圏に。一気に頂点へ駆け上るか。

元賞金女王の古閑美保(時事通信フォト)

※週刊ポスト2019年9月6日号

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン