• TOP
  • スポーツ
  • 松井秀喜5敬遠の大会の優勝投手、夢は「監督で甲子園」

スポーツ

2019.08.28 07:00  週刊ポスト

松井秀喜5敬遠の大会の優勝投手、夢は「監督で甲子園」

わずか1失点で優勝した元・西日本短大付属の森尾さん

 あの甲子園優勝投手は今、何をしているのか? 多方面で活躍するかつてのエースたちの今を追った。(文中敬称略)

 たった1失点で投げぬいた優勝投手が、平成4年(1992年)の夏の大会で優勝した西日本短大付属の森尾和貴(45)だ。

「当時、強豪だったPL学園、近大付属と練習試合をやっても勝っていたので、甲子園に出場さえできれば勝負になるってずっと思ってました。誰かに言ったわけではありませんが、優勝を目指してやっていたのは確かです」

 平成4年、西短大付属のエース森尾和貴は、優勝までの全5試合をたった一人で投げ抜いた。5完投4完封1失点防御率0.20は、戦後において昭和23年、小倉の福島一雄の全試合完封に次ぐ記録である。

 この夏の甲子園は、星稜の松井秀喜(元巨人)の明徳戦5打席連続敬遠が物議を醸した大会でもあった。

「あの試合後は確かに甲子園がざわついてましたね。宿舎でもちょっとだけ話題になり、『俺なら打たれて記念になってもいいから勝負するよ』とナインに話した覚えがあります」

関連記事

トピックス