芸能

城島茂が堂々デート、恋人とおそろい指輪し双方の家族で食事

左手薬指にはリングが

 東京ドームでジャニー喜多川さん(享年87)の「お別れの会」が開かれた数日前のある夜、東京・渋谷からほど近い大通りをTOKIOの城島茂(48才)と彼女が歩いていた。マスクはしているが、サングラスはなし。一目で“リーダー”だとわかる。

「とても自然で堂々としていました。ふたりは左手薬指におそろいの指輪をしていて、結婚したのかなと二度見してしまいました」(通行人)

 彼女はグラドルの菊池梨沙(24才)。交際2年以上になるが、最近になってツーショットが頻繁に目撃されている。この日ふたりは行きつけのバーへ。1時間ほどお酒を飲むと、菊池の自宅へと帰っていった。

 城島が運転する高級外車がレストランの前に止まり、助手席に菊池が乗り込む日もあった。

「交際当初はお店に別々に出入りしたり、自宅にも時間差で帰ったりと気をつけていましたが、最近はいつも一緒。ふたりともお酒が好きで、行きつけのスナックやバーをはしごしていますよ。一緒に住んでいませんが、お互いのマンションを行き来する二重生活を送っているようです。城島さん、時間があると、梨沙ちゃんの送り迎えをしているようで、お店の前で待っていることも多い。彼女が24才年下だからか、心配なんでしょうね」(ふたりの知人)

 初めてふたりの交際を報じられたのは、2017年6月。20才以上の年の差、Eカップグラドルとの交際は話題になったが、「続かないのでは」という声も少なくなかった。

菊池梨沙の左手薬指に光るリング(菊池のツイッターより)

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン