• TOP
  • グラビア
  • サガミPR大使の忍野さら「大事な人のためにつけてほしい」

グラビア

2019.09.15 07:00  NEWSポストセブン

サガミPR大使の忍野さら「大事な人のためにつけてほしい」

『サガミオリジナル002』の宣伝大使に就任した忍野さら

 国内コンドーム売り上げNo.1、“ゴムじゃないコンドーム”『サガミオリジナル002』の宣伝大使にグラビアアイドルの忍野さら(24)が就任。「サガミオリジナル」は1998年に「ゴムじゃないコンドーム」という画期的なキャッチフレーズで誕生。日本初のポリウレタン製で自然な使用感を実現した国内No.1ブランドだ。2009年にスタートした宣伝大使は、初代を相澤仁美が務めて以降、谷桃子、木口亜矢、今野杏南、青山ひかる、橋本梨菜、森咲智美といった人気グラビアアイドルが起用され、グラビア界の登竜門としても注目を集めている。

 今回起用された忍野は2005年にレースクイーンとしてデビュー。抜群のダイナマイトボディー(身長164cm・B92・W58・H86)を活かして、翌年発売したDVD『Re-Born』がアイドルイメージビデオランキング3週連続1位を獲得。グラビア誌も多数出演し、大きな話題となった。

 今回、PRのために編集部を訪問。この日は日本をイメージした白と赤のデザインで、体のラインを強調するようなセクシーな衣装で登場した。

――今回、サガミオリジナルの11代目宣伝大使に選ばれた感想からお聞かせください。

忍野:最初、聞いたときはすごく驚きました。今までにないお仕事だったので、不安もあったんですけど、やっぱりコンドームって大事なものだと思うんです。なので、そういうものをPRできるのはすごく光栄です。いまインスタグラムのフォロワーさんが31万人いるんですが、たくさんの方に知ってもらえるようにしたいですね。

――PR大使ということで、いろいろな場所を周っているんですか?

関連記事

トピックス