ライフ

【香山リカ氏書評】ビジネスと時の流れが違う恐竜博士の日常

『恐竜まみれ 発掘現場は今日も命がけ』小林快次・著

【書評】『恐竜まみれ 発掘現場は今日も命がけ』/小林快次・著/新潮社/1450円+税
【評者】香山リカ(精神科医)

 この夏、ちょっと落ち込んでいたら、弟一家が恐竜ショーに誘ってくれた。気乗りもしないまま出かけた私は、2億年も前から地球を支配していた恐竜たちの世界に、小学生の姪っ子以上に夢中になってしまった。そして、「恐竜には現代人への癒し効果がある」と確信する中で出会ったのがこの本だ。

 本書は恐竜の生態について研究する学者の“お仕事エッセイ”なのだが、これがまた抜群に面白い。化石発掘の七つ道具を持ち、今日はアラスカ、明日はモンゴルへと旅立っては、グリズリーや砂漠などとも闘いながらはるか昔のホネのかけらを見つけて大興奮。恐竜博士のロマンあふれる毎日がイキイキとつづられている。

 とくに印象的だったのは、博士が勤める北大のある北海道での、新種の恐竜「むかわ竜」の全身骨格発見についてつづられた章だ。むかわ町の博物館の学芸員から「恐竜の尾椎では」という写真がメールで著者に送られてきたのが2011年。これは恐竜の化石だ、と「一気に身体中の血液が騒ぎ出した」という著者らが、計画を立て資金を含めた準備をしつつ発掘を始め、全身の化石がどうにかそろったのは、なんと2014年の夏のこと。「来月までに結果出して」と言われる現代のビジネスとは、時間の流れがまったく違う。

 そしてそれからさらに4年、化石のクリーニングや骨格の組み立てが終わり、記者発表を終えた翌日、北海道を大きな地震が襲った。博物館は震源地に近かったが、学芸員からは「町は大変ですが、むかわ竜は無事です」とモンゴルに旅立っていた著者に連絡が来た。

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン