長らくカジュアルのキラーコンテンツだったジーンズ

アパレル業界のドル箱アイテムとして「出せば売れる」時代は終わった

 そもそも、アメリカで炭鉱夫の労働着として生まれたジーンズは、反体制の若者のシンボルとして、次第にファッションアイテム化していった歴史があります。日本にジーンズが初めて流入したのは第二次大戦直後で、当時はアメリカから「古着」が入ってきました。その後、新品が輸入されることになり、徐々に人気が拡大していったのですが、国産のジーンズブランドが生まれたのは1960年代のことです。

 そこからジーンズは長らくカジュアルのキラーコンテンツとなり、定期的にトレンドを生み出しました。

 1970年代にはベルボトムブームが、1980年代半ばくらいにはケミカルウォッシュブーム、1990年代になると、1993年頃からレーヨンを使ったソフトジーンズが人気となり、1996年からはビンテージジーンズブームが起きました。

 ビンテージジーンズが下火になると、2000年頃から今度は股上が浅くなったローライズジーンズのブームが起き、このローライズは2015年頃までカジュアルズボンの主流を占め続けました。

 また、2005年頃からはブーツカットが大人気となり、このブーツカットで、欧米から輸入された高額ジーンズが「プレミアムジーンズ」としてブームとなりました。さらに2008年からはスキニージーンズが流行し、このスキニーブームも2015年まで続きました。

 このようにジーンズはどの年代でもブームを巻き起こしてきた“ドル箱アイテム”といえますが、注目すべきは、ローライズブーム以降はすべてレディースが牽引していることです。

 無骨なイメージが強いジーンズは「男のアイテム」でしたが、2000年頃からはレディース主体のファッションアイテムになったと考えられます。そしてこの辺りから、ジーンズチェーン店の斜陽が始まり、そこを主要得意先として納品していたジーンズ専業メーカー各社も業績を落とし始めるのです。

 レディースはもとからボトムスの選択肢がたくさんあります。スカートだけでも何種類もありますし、ズボンもメンズよりデザインの種類が豊富です。

 一方、メンズは基本的にズボンしか選択肢がないことに加え、ジーンズは上に合わせる色柄を選ばず、しわくちゃでも擦り切れても穴が開いても不格好に見えないというメリットもあり、圧倒的に男性利用者に支持されてきました。特に1996年から始まったビンテージジーンズ人気はメンズが起こしたブームです。

 しかし、メンズのカジュアルズボンも2015年以降、急速に選択肢を増やしています。

関連キーワード

関連記事

トピックス

目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子
長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】
女性セブン
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
Wエースの髙橋藍
バレーボール男子日本代表 石川祐希、高橋藍ほか注目選手たちの代表戦でしか見られないカット
女性セブン
ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)
雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン