まず、部屋着や体操着からカジュアルに昇格したスウェットパンツがあります。下手をすると寝間着のまま外出しているように見えますが、若い層を中心に動きやすさとスポーツテイストが評価されて着用者が増えています。

 また、これの派生形ともいえる裾をゴムで絞ったジョガーパンツも定着しました。これはユニクロでも一時期盛んに売られていたので購入した男性も多いことでしょう。さらに夏場は猛暑の影響から半ズボンが定着しました。半ズボンは色や柄が重視されるので、デニム生地である必要がありません。

 そして、一昔前ならオジサンのズボンと見なされていたスラックスも急速にカジュアル市場で着用者を増やしています。こちらも一歩間違えると、スーツの上着を脱いだオジサンに見えなくもないですが、カジュアルで着用すると全体を少しだけフォーマルに見せる効果もあります。特にクールビズが定着した現在となっては、オンオフ兼用できる便利なアイテムです。

 このように、メンズのカジュアルズボンも選択肢を大幅に増やしており、そのどれにも「デニム生地」ないし「デニム風生地」がカラー展開の1つとして差し込まれています。こうなると、ジーンズ単体に再注目されることはかなり難しいと言わねばなりません。

 ファッション的にジーンズ以外の選択肢が増えたことに加えて、動きやすさや吸水速乾、防寒といった機能性でもジーンズを大きく上回っているのが、スラックスやジョガーパンツです。機能性から考えてもジーンズを選ばない人が増えるのは、何ら不思議なことではなくなったのです。

 現在、知名度の高いナショナルブランドジーンズと呼べるのは、「エドウイン」、「リーバイス」、「リー」くらいしか残っていません。1990年代にはこれらに加えて、「ラングラー」や「ビッグジョン」、「ボブソン」も広く流通していましたし、準大手としては「ブルーウェイ」やタカヤ商事の「スウィートキャメル」などもありましたが、これらのブランドは大幅に縮小したり、なくなったりしています。

 その後も多くのジーンズブランドが生まれ、これまでジーンズを扱っていなかったレディースブランドやメンズスーツブランドまでもがジーンズを扱うようになったりしましたが、ジーンズブランドとして売り上げ規模が100億円を越えるようなメーカーは減り(エドウイン、リーバイスは100億円を超えている)、ジーンズの需要は完全に拡散してしまったといえます。

 スキニーブームが終焉した2015年からはワイドジーンズや股上が深いハイライズジーンズなども生まれましたが、これらも大きなブームにはなっていません。数年前にジーユーが100万本を売って有名になったガウチョパンツは、あくまでも形・デザイン・シルエットのことで生地は何でも構いません。ウールだろうが麻だろうが、デニムだろうが、全部まとめて「ガウチョパンツ」なのです。

関連キーワード

関連記事

トピックス

目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子
長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】
女性セブン
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
Wエースの髙橋藍
バレーボール男子日本代表 石川祐希、高橋藍ほか注目選手たちの代表戦でしか見られないカット
女性セブン
ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)
雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン