芸能

1本1億円? 各局看板ドラマの制作費、果たしてペイするか

2年ぶりに大門未知子を演じる米倉(時事通信フォト)

 新しい連ドラが続々とスタートする10月。桁はずれの「制作費」が話題だ。

「キー局のドラマ制作費は1本2000万~3000万円が相場ですが、ドラマ不調の中で、最近はかなり抑え気味。にもかかわらず、米倉涼子さん(44才)主演の『ドクターX』(テレビ朝日系)と木村拓哉さん(46才)主演の『グランメゾン東京』(TBS系)はともに『制作費は1話1億円』と報じられました。局の威信をかけた看板作ですが、それにしても大勝負ですよ」(テレビ局関係者)

 まずは米倉が“失敗しない”フリーランスの医師・大門未知子を演じ、人気のシリーズ6作目となる『ドクターX』。

「さすがに全話1億円はありません(笑い)。ただ視聴率20%超えを見込めるので他作品に比べれば断然制作費をつけやすい。初回など特別な回の制作費は確かに1億円に近いでしょう。

 このドラマはリアリティー重視ですべて本物の医療機器を使い、美術協力は40社以上。使用する機器の中には1台1億円以上する精密機器もあり、取り扱いに大勢の専門スタッフが必要で、とにかくコストがかかる。撮影時にはズラリと関係者が並び、その人数は普通のドラマの比じゃありません」(テレ朝関係者)

 こだわりのロケ場所にも高額の制作費がかかる。

「今作の『ドクターX』の初回は同じテレ朝の『ポツンと一軒家』をオマージュし、山奥の一軒家でクランクイン。主演の米倉さんだけでなく、市村正親さん(70才)や武田真治さん(46才)らメイン出演者のかたたちが登場する場面だったので、スタッフ総出の移動費にはじまり、ヘアメイクやケータリングなどかなり費用がかかりました」(前出・テレ朝関係者)

 木村拓哉がフランス料理の天才シェフを演じる『グランメゾン東京』も“破格”の扱いだ。

「初回の撮影では仏・パリでも予約が取れず、撮影NGで知られる3つ星レストラン『ランブロワジー』を貸し切りにしました」(制作スタッフ)

 これにはドラマ百戦錬磨の木村が、「連続ドラマの1シチュエーションでここまで時間と費用を割いてモノを作るって本当に久しぶり」とコメントしたほど。

 もちろん両ドラマとも気になるのは「人件費」だ。

関連記事

トピックス

スキンヘッドの渋谷容疑者(2006年に行われた会見)
《一夫多妻の白いハーレム》近隣住民が目撃した、元占い師の逮捕現場一部始終「有害物質が出ているから窓を閉めて!」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
“妻”を侍らせる渋谷容疑者(『週刊ポスト』2006年2月10日号より)
《一夫多妻ハーレム生活の全貌》逮捕された元占い師(74)が過去に明かしていた「求めている女性がいれば、その女性と」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れた女性(SNSより)
【迷惑行為動画】渋谷のZ世代はどう思うのか「刑事と民事ってナニ?」「少年法で守られる」の声 河野大臣の声は届かない
NEWSポストセブン
中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン