そして姉弟はなんと令和の新宿で再会を果たす。お聖様と別れて食い詰める中を町の人々やサーカス団の団長らに救われ、果ては六条院の養子に迎えられた頭獅王と、転生の末に新宿で春を売るアンジュが父の汚名を雪ぎ、宿敵と対峙するシーンが、今一つのハイライトだろう。

 彼女は〈仇を仇にて報ずれば、燃える火に薪を添えるようなもの。逆に仇を慈悲にて報ずれば、これは仏と同格なり〉と言い、憎き山椒太夫親子にすら情けをかけるが、なおも欲をかく親子は黄泉の国に堕ち、逆に姉弟の苦境を救おうとした聖や伊勢の小萩や新宿のストリートチルドレンには〈褒章〉で報いた。

「父の名誉を回復し、今や持てる側になった彼らには、仇より恩に生きる道を選んでほしかったし、その方が現代的な気がしたんです。

 確かに慈悲を反故にした山椒太夫や三郎は原典でも相応の罰を受ける。ただしそれは自業自得ではあるし、たとえ仏と同格にはなれなくても助け合ったり分け合ったり、人間同士だからできることも僕はあると思います。何もそれは富や名誉を得た人間に限らず、僕ら名も無き庶民にもできることで、人生に満足し『足るを知る』のは本当に本人次第だなあと、令和の新宿で仏教的なことを思ったりしました」

 この「吉田版・古典エンターテインメント」が時空を超えた意味はそこにあり、とかく説教臭くなりがちな教訓が文語のリズムに乗るとあら不思議、心と身体にすんなり沁み入ってくるのである。

【プロフィール】よしだ・しゅういち/長崎県生まれ。法政大学経営学部卒。1997年『最後の息子』で文學界新人賞を受賞しデビュー。2002年には『パレード』で山本周五郎賞、『パーク・ライフ』で芥川賞を受賞。2007年『悪人』で毎日出版文化賞と大佛次郎賞、2010年『横道世之介』で柴田錬三郎賞、2019年『国宝』で芸術選奨文部科学大臣賞と中央公論文芸賞。他に『犯罪小説集』『吉田修一個人全集コレクション1青春』等。映画化作品も多数。175cm、68kg、O型。

構成/橋本紀子 撮影/田中麻以

※週刊ポスト2019年10月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
山田邦子
天下を取った女性芸人・山田邦子が語る「テレビが求心力を失った理由」と「傷つけないお笑いへの疑問」
女性セブン
呼吸困難、頭痛など後遺症の組み合わせは多岐にわたる(写真/PIXTA)
疑われ始めたワクチンの効果 追加接種に積極的な国ほど感染者増、自然免疫力への悪影響も
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン