「別れの際、御台所がアンジュに地蔵菩薩、頭獅王に奥州五十四郡の系図の巻物を持たせたように、元々は何不自由なく育った姉弟が奴隷同然にこき使われる、悲惨な話ではあるんですよ。

 ただその中にも頭獅王に同情して刈った柴を分けてくれる仲間や、アンジュが姉と慕う伊勢の小萩のような優しい人もいて、人間の善意と悪意が両方描かれているからこそ、古典は古典たりえるのかもしれない。僕も特に黒吉田と呼ばれる作品ではどす黒い悪意をずいぶんと書いていますが、それは間違っていなかったんだなあと、少し安心しました(笑い)」

 姉弟は逃亡する度に山椒太夫や残忍な三男・三郎に捕らえられる。やがて身を挺して弟を逃がしたアンジュは拷問で命を落とす。一方国分寺に匿われた頭獅王はお聖様の背負った皮籠の中に身を隠して京をめざすのだが、〈何百年かかろうと、きっと願いを叶えてやる〉と誓うお聖様共々、本当に800年の時を超えてしまうのである。

◆「足るを知る」のは本人次第

〈七条朱雀の権現堂を立ち出でて、三条大橋・八坂の塔はこれとかや。大津走井の井戸で水を汲み、草津の早駕籠、土山春の雨〉と、一行が東海道を東上する間、〈浦賀に立つ黒船ペリーとはこれとかや〉と時代までが行き過ぎ、〈日清日露の大行進〉〈5・15、2・26、1945、8・15〉〈皮籠は揺られて、ほうれほれ〉〈令和恋しや、ほうれほれ〉と文語の心地よさに運ばれた末に、〈内藤新宿とはこれとかや〉とゴールを迎えるくだりは、何とも見事だ。

「この東海道を行く場面はもちろん原典にないのですが、元々お聖様が誓文を立てる場面がとにかく心地良かった。そこで、こういうリズムに乗せることで一気に時空を超えられるんじゃないかと思い、綴りました。この説経節が時代を超えられた要因は何より語り口にあるし、語り自体の面白さやリズムを損なわないよう、言葉を選んだつもりです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン