「最初はここを舞台にしたソフィア・コッポラ監督の映画『ロスト・イン・トランスレーション』みたいな都会の恋愛小説を考えていたんです。でも編集者と話す中で、やはり違うと思い、一度リセット。

 そして原点に立ち返り、古典の現代語訳に初挑戦することにしました。その中で、世界水準のホスピタリティを標榜するこのホテルでは、宿泊客もジムの会員も実に満ち足りた表情をしていて、ここは全てを手に入れた人たちの場所なんだなあと思ったのです。

 例えば僕は車の運転が好きなのですが、速い車でビューンと追い越す快感もあれば、道を譲ってハザードで感謝を示される快感もある。つまり自分が得たいものを得る喜びの先には、たぶん誰かに分け与えたり報いたりする喜びもあって、後者の喜びの方がずっと大きいことをこのホテルのお客さんたちは知っているように見えた。だからこの日本一ラグジュアリーなホテルには源氏物語ではなく、山椒太夫こそぴったりだと、僕にはそう思えたんです」

〈ただ今語り申す御物語、国を申さば丹後の国、金焼地蔵の御本地を、あらあらと説明すれば〉と序詞からして名調子な本作は、〈幸せに隔てがあってはならぬ。慈悲の心を失っては人ではないぞ〉と説いた奥州岩城の判官正氏殿が不心得者の奸計に堕ち、太宰府に流された悲劇に端を発する。

 母・御台所共々、伊達の郡・信夫の荘に落ちのびたアンジュと頭獅王はこの時、数え14歳と12歳。2人は父の冤罪を帝に訴えるべく母や乳母と共に京をめざすが、越後・直江で人買いの山岡太夫に騙され、2艘の船に分乗してしまったのが運の尽きだった。親子は別々に売り飛ばされ、泣き暮れて盲目になった母は佐渡の鳥追いに、丹後・由良の港を仕切る山椒太夫に買われた姉と弟は汐汲みと柴刈りに、それぞれ身を落とすのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン