• TOP
  • 国内
  • 北朝鮮の工作船事件 日本の暴力団が関与したケースも

国内

2019.10.09 07:00  NEWSポストセブン

北朝鮮の工作船事件 日本の暴力団が関与したケースも

溝口:瀬取りももちろんあったけど、それ以前は貨物船で直接運び込んでいた。1997年には、北朝鮮の貨物船が九州の港に直付けして、覚せい剤をハチミツ缶に入れて密輸入しようとして発覚した事件もありました。このときは暴力団幹部6人が逮捕されている。

鈴木:万景峰号も、覚せい剤や偽札などを日本に密輸するのに使われていたと疑われていますね。

溝口:そもそもはハチミツ缶事件だけでなく、九州や四国の海岸に梱包された覚せい剤が大量に打ち上げられる事件があって、北朝鮮が国家ぐるみで覚せい剤を生産して日本に密輸していることが事実として裏付けられるようになったから、万景峰号も日本への入港が禁止された。当初は日本海側だけを警戒していたが、太平洋側にも警戒網を広げるようになり、そうしたなかで北朝鮮工作船追跡事件も起きたんですね。

※溝口敦/鈴木智彦・著『教養としてのヤクザ』(小学館)より一部抜粋

関連記事

トピックス