• TOP
  • ライフ
  • 認知症になりやすい人の口癖「最近の奴らは」「疲れたよ」

ライフ

2019.11.13 16:00  週刊ポスト

認知症になりやすい人の口癖「最近の奴らは」「疲れたよ」

認知症になる人にはどんな特徴がある?

 特効薬のない「新たな国民病」である認知症だが、毎年の健康診断だけでは対応が遅れるリスクがある。そこで注目したいのが、日々の「口癖」だ。

 認知症になりやすい人の性格的特徴について、日本でも研究が進められている。その先鞭をつけたのが、1990年に東京都老人総合研究所副所長(当時)の柄澤昭秀博士が発表した論文だ。認知症の高齢者165人と健康な高齢者376人の40~50歳当時の性格を近親者から聞き取っている。

「明るい・開放的」「劣等感を持ちやすい」「愛想がない」など40項目のチェックリストを使い、対象者の性格を8つのタイプに分類。その結果、認知症の割合が高かった性格タイプの一つとして、短気などの「感情型」が挙げられている。さらに、認知症発症前の特徴的な性格の一つには「わがまま」が含まれていた。

 この柄澤博士の追跡調査結果では、認知症発症前の特徴的な性格として、「頑固」「杓子定規」なども挙げられている。性格タイプとしては、「粘着型」に分類される人に、発症する割合が高かったのだ。おくむらメモリークリニック院長の奥村歩医師が解説する。

「柔軟な考え方ができず『世の中がおかしい』『今の若い奴らは』『俺は俺、人は人』などの口癖がある人は脳の前頭葉の機能が低下している可能性もある。前頭葉は社会に適応し、場の空気を読む機能を担います。

 最初のうちは、ちょっとわがままといった程度で済みますが、進行すると、突然、暴力を振るうなどの行為も出てくることがある。そうして認知症に近づいていくことになる」

関連記事

トピックス