芸能

二宮和也、入念に用意された結婚発表 「年内」譲れぬ理由

二宮の運転する車で羽田空港に向かうふたり。後部座席にはAさんが座る(2018年4月)

 嵐の二宮和也(36才)が結婚を発表した。相手は、かねてから交際が報じられていた元フリーアナウンサーのAさん(38才)で、約5年の交際期間を実らせてのゴールインとなった。

 それはジャニーズ担当記者も知らない“スクープ”だった。

「全く気づきませんでした。二宮さんは台湾から帰国後に婚姻届を区役所に提出したと聞きましたが、そんな素振りは誰にも見せなかったんですから」(テレビ局関係者)

 結婚というおめでたいニュースだが“なぜこのタイミングだったのか”という声が、ファンからもマスコミ関係者からも聞こえてくる。

 まさに嵐は今、多忙を極めている。11月9日、天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」で、奉祝曲第三楽章「Journey to Harmony」を歌った。5人はその後すぐに日本を出発。11日まで専用ジェット機で、インドネシアのジャカルタ、シンガポール、タイのバンコク、台湾の台北を回った。ファンに長年の感謝を伝えつつ、デジタル配信の解禁などを報告するという、総移動距離1万2982kmの弾丸ツアーを行ったばかり。さらにその後、年末まで国内でのドームツアーが組まれている。

 そして何より、来年末には嵐は活動を休止する。あと1年しかない。それなのに、なぜいま? どうして来年末以降ではなかったのか?

「この日の発表は入念に用意されたものでした。二宮さんとAさんがじっくり考えて準備を重ねていた。それこそ、数か月、何年もかけてのことでしょう。特にAさんは二宮さんのファン、マスコミへの対応も気にしていた。その対策も彼女主導だったそうです。つまり、急ごしらえの結婚発表ではなかったのです」(芸能関係者)

 *
 二宮とAさんの出会いは2014年、Aさんがキャスターを務めていたニュース番組に、二宮がゲスト出演したことがきっかけだった。その後、ふたりはほかの番組でも顔を合わせるなどし意気投合。そのまま交際に発展した。

 Aさんは地方局のアナウンサーを経て上京後、フリーに転身。華やかなビジュアルで、地方局時代から全国にファンがいたという美人アナだ。二宮はそんなAさんと、ほとんど人目に触れることなく、静かに愛を育んできた。

 もともとゲームが大好きで、インドア派の二宮だけに、デートはもっぱら自宅マンション。国民的アイドルという立場上、当然のことながら交際をオープンにできない中、2016年7月に本誌がお泊まり愛を報じ、交際が明るみに出た。Aさんの知人は当時のことをこう話す。

「彼女はずっと二宮さんとの交際を隠していた。“誰とは言えないけど有名な大物俳優とつきあっているの”などとうれしそうに話していました」

羽田空港に隣接するホテルへ友人に会いに来た二宮とAさん。行きは二宮、帰りはAさんがハンドルを(2018年4月)

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン