ライフ

私家版・裏「2019新語・流行語大賞」トップテン 永田町編

参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=11月1日、国会内

 本来、政治家は言葉に責任を持つ人々、のはずである。コラムニストの石原壮一郎氏が考察した。

 * * *
 今年も「ユーキャン新語・流行語大賞」の季節がやってまいりました。11月6日にノミネート30語が発表され、12月2日にトップテンと年間大賞語が発表されます。

 僭越ながら大賞語を予想すると、本命「にわかファン」、対抗「ONE TEAM(ワンチーム)」、大穴「キャッシュレス/ポイント還元」でしょうか。かすりもしなかったら、見なかったことにしてください。何かの拍子に「闇営業」が授賞して、吉本芸人の誰かが授賞式に登場したら面白いんですけど、それはないでしょうね。

 ノミネートされた言葉を見ると、毎年「どうしてあの言葉が入っていないんだろう」と思ってしまいます。今年もしかり。先日取り上げた「責任を痛感」はタイミング的に無理だったとしても、とくに政治家関連の言葉が“冷遇”されているように見えます。小泉進次郎環境相の「ポエム/セクシー発言」はノミネートされていましたが、いじりやすいキャラのにぎやかし的な扱いに過ぎません。

 残念ながら(?)ノミネートされなかった言葉にスポットを当てるべく、政治家が発した言葉や政治がらみの言葉を中心に、裏「新語・流行語大賞」のトップテンを選出してみましょう。とっても豊作で10語に絞るのがたいへんでした。

●私家版・裏「新語・流行語大賞」2019年トップテン(順不同)

・天皇、皇后両陛下には末永くお健やかであられますことを願っていません(安倍晋三内閣総理大臣)
・任命責任は私にあります/責任を痛感(安倍晋三内閣総理大臣)
・共産党!(安倍晋三内閣総理大臣)
・発言は承知していない(菅義偉内閣官房長官)
・桜を見る会/各界で功績、功労のあった方々(いちおう菅義偉内閣官房長官)
・身の丈に合わせて(萩生田光一文部科学大臣)
・老後2000万円(金融庁の報告書)
・議事録は作成していない(文部科学省)
・復興以上に大事なのが高橋議員だ(桜田義孝元オリンピック・パラリンピック担当大臣)
・雨男(河野太郎防衛大臣)

 こっちはこっちで「あの言葉が入っていない!」と言われそうですけど、本家の30語にもけっして引けを取らない充実っぷりではないかと自負しております。

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン