スポーツ

清原和博との離婚から5年、亜希に変化 息子は父に野球習う

離婚から5年。その心境は?亜希を直撃

 モデル・亜希(50才)のインスタグラムにこれまでになくたくさんのメッセージが届いている。その多くが、元夫である清原和博(52才)が着実に復帰に近づいていることへの感謝の気持ちを表したものだ。離婚から5年。一切の交流を絶っていたふたりに何が起きているのか──。

《この著書が発売されたとき、何が書かれているんだろうかと嫌な気持ちになったこと、今でも鮮明に覚えています(中略)私が知らなかったこと、何度も聞いていたこと。彼が少年時代を過ごした場所もすべて知っているからこそ、今まで封印していた気持ちが溢れ出したのかもしれません。涙が止まらなかった》

 ファッション誌『HERS』12月号(光文社)の連載でそう明かしたのは、モデルの亜希。「この著書」とは、元夫の清原和博が2018年出版した書籍『告白』(文藝春秋)のことだ。

 2016年に覚せい剤取締法違反で逮捕された清原は、この著書で栄光と挫折の半生を振り返り、「今もまだ暗闇の中にいる」と明かしていた。

「2019年4月に始まった亜希さんの連載は今回が最終回でしたが、これまで彼女は子供たちのことには触れても、清原さんのことは一切書いていませんでした。それなのに、最後の最後に清原さんについて触れたことに驚きました。しかもエッセイの締めくくりに『今の姿を応援したい』と元夫にエールを送ったんです」(ファッション誌関係者)

 ふたりは、当時清原が所属していた巨人の試合を亜希が観戦した際、控室で挨拶を交わしたことで交際をスタートさせ、2000年に結婚。2002年に長男、2005年に次男が生まれた。2008年に清原が現役を退くと、子育てがひと段落した亜希は「清原亜希」としてモデル業に復帰し、押しも押されもせぬ人気主婦モデルとなった。

 ふたりの運命が大きく変わったのは2014年。『週刊文春』が清原の“薬物使用疑惑”を報じると、追い詰められた亜希は子供たちを連れて家を出たのち、離婚した。

 その2年後に清原が逮捕されたが、亜希はシングルマザーとして、現在有名私立高校と中学に通う2人の息子を育てあげた。

「元夫の逮捕によってファッション誌の企画が中止になるなどの大打撃を受けながら、彼女は名前を『清原亜希』から『亜希』に変え、モデル業を続け、アパレルブランドを立ち上げるなどプロデューサーとしても活動しました。

 経済的に決して楽ではなく、車も替えて引っ越しもした。母親としての役割をまっとうしながら仕事もこなすことに精一杯だった彼女は、清原さんのことは一切考えないようにしていました」(前出・ファッション誌関係者)

 そんな亜希がここに来て、元夫に対する思いを“告白”したことは多くの関係者を驚かせた。

「ちょうど11月からドリームマッチや野球教室で、執行猶予中の清原さんが公の場に出る機会が増えてきたところでした。このタイミングで亜希さんが応援コメントを出したことには、“まるで復縁コール”との声があがるほどです」(芸能関係者)

息子たちを学校に送り出した後、スーパーに向かった亜希

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン