スポーツ

羽生結弦が描く2022年・北京五輪“逆転劇”の胸算用

2022年の北京五輪では圧勝か(共同通信社)

 封印していた4回転ルッツを2年ぶりに成功させ、演技終了後は氷上にうずくまりしばらく動けなかった。すべてを出し切ったが、ライバルには及ばなかった。羽生結弦選手(25才)の「キャリアの終焉」をささやき始めたメディアもある中、本人はそれでも前を見据えていた──。

「今に見とけよって感じ」、「点数ほど大きな差はない」、「勝負には負けているけど、自分の中の勝負にはある程度、勝てた」。完敗後、メディアのインタビューを受けた羽生結弦選手(25才)は、驚くほどポジティブな言葉を連発した。これは「強がり」なのか、それとも「自信の表れ」か──。

 12月7日、イタリアのトリノで開かれたフィギュアスケートグランプリファイナル(以下GPファイナル)の男子シングルの栄冠は、史上最高得点を叩き出したネイサン・チェン選手(20才)の頭上に輝いた。これで、GPファイナルは3連覇となる。

 ショートプログラムで2位につけ、3年ぶりの返り咲きを狙った羽生選手は結果的に、40点以上もの大差をつけられ2位のままだった。

「ショート、フリーともほぼノーミスのネイサン選手の演技の安定感には脱帽です。まだ20才ですから、これからますます技術にも表現力にも磨きがかかっていくでしょう。一方の羽生選手はジャンプのミスが続くなど体力の衰えも見られました。年齢を考えても、今後ネイサン選手を抜き返すのは簡単なことではありません。一部では“レジェンドの引退”もささやかれ始めています」(フィギュアスケート関係者)

 しかし、羽生選手自身はこの敗戦を受けて、冒頭のように前向きな発言に終始したのである。

「既に気持ちは12月19日開幕の全日本選手権に向けて、切り替えています。全日本の次のターゲットは、2020年3月にカナダのモントリオールで開催される世界選手権になるでしょう。その調整に集中するため、韓国で2月に行われる四大陸選手権には出場しないと思われます。

 彼は元来、弱音を吐かないタイプですが、根拠がない自信を持つタイプでもない。“秘策”をモチベーションにしているはずです」(スケート連盟関係者)

 年が明ければ、北京で開催される次の冬期五輪まで残りわずか2年。前人未踏の3連覇に27才という年齢で挑む羽生選手は、どのような“逆転劇”を描いているのだろうか。

 実は、そのヒントとなりそうな重大発言が、11月下旬のNHK杯の直後に、羽生選手自身の口から飛び出していた。

「この大会で優勝した羽生選手が、“いつかロシア人コーチに師事してみたい”と初めて明かしたのです」(前出・スケート連盟関係者)

 今、フィギュア界ではロシア勢が席巻中だ。

 今回のGPファイナルでは、女子の表彰台をコストルナヤ選手(16才)、シェルバコワ選手(15才)、トルソワ選手(15才)のロシア勢が独占したが、彼女たちは全員がロシア人のエテリ・トゥトベリーゼコーチの指導を受けている。

「トゥトベリーゼ氏は、鉄の女という異名を持つほど笑わないコーチとして有名で、練習で150%、本番では110%の力を出すというモットーのもと、練習から全力を尽くすようにと厳しい指導をしています。その成果か、エテリ組と呼ばれる教え子は、女子ながらいとも簡単に4回転を跳ぶ選手ばかり。

 今、ロシア=4回転先進国というイメージが、フィギュア界にはあります。羽生選手が、ロシア人コーチに興味が湧いている理由もそこにあるはずです」(前出・フィギュアスケート関係者)

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン