スポーツ

羽生結弦が描く2022年・北京五輪“逆転劇”の胸算用

名門イェール大学の学生という一面も持つネイサン・チェン選手(中央)写真/アフロ

◆演技構成点では羽生選手が勝利

 先のGPファイナルのショートプログラムの翌日、羽生選手は公式練習で、フリーのプログラムには入っていないクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)を練習し始めた。着氷まで近づいて転倒したジャンプが3度。ひやりとするシーンもあった。

「羽生選手のコーチがトラブルに遭い、合流が遅れていたんです。本来なら、試合前にプログラムにない4回転半の練習をコーチが許すはずがない。羽生選手は“運命主義者じゃないけど、コーチがいないことに何らかの意味があるはず”と考えて、勝手に4回転半の練習を始めたそうです。彼は4回転半を“王様のジャンプ”と称しています。ネイサン選手に勝つためには、どうしても必要だと考え、コーチ不在をいいことにやってしまったのでしょう」(前出・フィギュアスケート関係者)

 現在、羽生選手のコーチは、カナダ人のブライアン・オーサー氏が務めている。2012年から師事して、2度の五輪王者に導いてくれた恩師だ。

「オーサー氏を筆頭にジャンプ担当のジスラン・ブリアン氏やステップ・ターンを担当するトレイシー・ウィルソン氏など、約20人からなる『チーム・ブライアン』と長年にわたって関係を築いてきました。羽生選手自身もカナダに拠点を置いています。

 そんな中で、ロシア人コーチへの“変更”を示唆したことは、ハレーションも小さくないはずで、関係者を驚かせました。オーサー氏はここ数年、体調不良もあって海外遠征に帯同できないこともあります。今回はジスラン・ブリアンコーチがついていました。フィギュア界ではコーチの変更はよくあることですが、羽生選手が変えるとなれば大きなニュースになるでしょう」(前出・フィギュアスケート関係者)

 もちろんチーム・ブライアンと羽生選手の絆は深く、2年後に迫った北京五輪を前に、このタイミングでコーチの変更はリスクも伴う。現実的ではないという声が大半だろう。しかし、羽生選手が王者になるためには“王様のジャンプ”が必要不可欠なのも事実だ。

 仮に4回転半が実現できたとしたら、ネイサン選手を圧倒できる可能性は充分出てくる。

「先のファイナルで大差がついたのは、技術点の部分です。フィギュアの得点はジャンプやスピンなどで加点される『技術点』と、演技力やスケーティング技術からなる『演技構成点』から付けられます。

 羽生選手はジャンプの失敗などがあった一方、ネイサン選手はほとんど成功させたため、大差がついた。しかし、演技構成点では羽生選手の方が上回っていたんです。

 ネイサン選手はこれまで4回転半に挑んだことはありません。今後、羽生選手が4回転半をものにすることができれば、2年後の北京五輪では圧勝するでしょう。再び絶対王者に返り咲くことも可能。周囲には『全然引退しないですよ』と公言していますし、まだまだ羽生選手は勝つために成長していくはずです」(前出・フィギュアスケート関係者)

 次回、ネイサン選手と相まみえるのは2020年3月の世界選手権。羽生選手は、その大会で「4回転半をプログラムに入れたい」と語っている。

 雪辱なるか──。

※女性セブン2020年1月1日号

GPファイナルでは、いつも必ず側にいるブライアン・オーサーコーチが不在だった(写真/共同通信社)

関連記事

トピックス

中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン