スポーツ

ラグビープロ化構想、「待った」かかった背景にW杯での成功

W杯は大いに盛り上がったが…(写真/AFP=時事)

 自国開催のワールドカップで悲願のベスト8入りを果たし、東京・丸の内で行なわれたパレードには5万人が詰めかけるなど、2019年に異例の盛り上がりを見せたラグビー日本代表。

 熱狂冷めやらぬうちに実現が期待されるのが、「プロリーグ」の設立構想だ。W杯開催前から国内リーグのプロ化が公言され、2021年秋の開幕に向けて、W杯後の11月に詳細が発表されると報じられた。

 日本代表を率いるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチは、「日本ラグビーがさらに強くなるには、国内の組織やリーグをプロ化する必要があるだろう」と述べており、代表選手でスクラムハーフの田中史朗も「世界で本当に勝つにはプロが必要」と賛同。Jリーグ発足当時に海外のスター選手が来日してプレーしたように、世界中のスター選手が、リーグ戦で“闘将”リーチ・マイケルや“笑わない男”稲垣啓太と熱戦を繰り広げたら……と想像するだけで、“にわかファン”でも期待は高まるばかり。

 ところが、いくら待っても詳細は発表されないまま。そんななか、12月18日に開かれた日本ラグビー協会の理事会後、元日本代表の岩渕健輔・専務理事はこう切り出した。

「(プロ化について)前に進めている部分と、色々と議論を深めなくてはならない部分があるということで理事会でも議論が行なわれました。『プロ化とは何か』『どうして改革が必要か』という議論。そもそもなぜプロ化が必要かという点も、もう少し議論を深める必要があるという声も委員の方々から出ています」

 プロリーグ発表どころか、設立そのものに“待った”がかかった状態であることを明らかにしたのだ。空前のラグビーブームの中、ラグビー協会に何が起きているのか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン