• TOP
  • 芸能
  • 優樹菜&フジモン、離婚の決定打となった大喧嘩とタピオカ騒動

芸能

2019.12.31 16:00  NEWSポストセブン

優樹菜&フジモン、離婚の決定打となった大喧嘩とタピオカ騒動

夫婦にすれ違いが生じていたという(時事通信フォト)

夫婦にすれ違いが生じていたという(時事通信フォト)

 2019年の大晦日に世間を騒がせた、木下優樹菜(32)と藤本敏史(49)の“駆け込み離婚”。おしどり夫婦として知られた2人は、いかにして別れを決意したのか。その背景を追った。

 2010年8月に1年半の交際を経て結婚。2012年に長女を2015年に次女をもうけ、公私共に上手くいっていた2人だが、近年は夫婦間で言い争いが増えていたという。

「当初、この夫婦関係が上手くいっていたのは、藤本さんが“大人”だったから。優樹菜さんは17才も年下だから、藤本さんは一歩引いて、彼女のご機嫌を取るような形で、上手く関係をコントロールしていたんです。でも、ここ数年、藤本さんは優樹菜さんに強く当たるようになった。原因の一つが子育てです」(木下の知人)

 2人は共に育児に熱心なことで知られる。優樹菜は毎年のように「好きなママタレント」の上位にノミネートされ、藤本もイクメンぶりが有名だ。そんな2人だからこそ、意見がぶつかったという。

「5年前、一家は都内の閑静な住宅街にマンションを購入しています。少し都心から離れたところですが、娘さんたちの進学先を考えて、その引っ越し先を選んだんです。子どもたちの将来をしっかりと考えていた夫婦ゆえに、お互いの意見で譲れない部分も出てきた。いつしか藤本さんは優樹菜さんの言動に、厳しく注意するようになっていたんです。彼女のインスタの内容にも注文をつけるようになっていきました。

 勝ち気な性格の優樹菜さんですから、反論することもあった。藤本さんは17才も年上だし、弁が立つから、口喧嘩では彼には勝てない。時には罵声を浴び、厳しい言葉で言いくるめられるようになる中で、優樹菜さんは彼の言動を“モラハラ”だと感じはじめていました。決定打となったのは1年ほど前の大きな喧嘩。この時以降、優樹菜さんは藤本さんに対して、恐怖を抱くようになってしまったようです」(前出・木下の知人)

関連記事

トピックス