国内

2020年 日本社会が直面する様々な「岐路」は何か

2020年の日韓関係はどうなる?(写真/AFP=時事)

 令和初の新年を迎え、日本人、そして日本社会は、様々な局面で「岐路」に立たされる。歴代最長の在任期間となった安倍晋三首相は、2020年を「新しい憲法が施行される年」とする目標を明言してきた。閣僚の連続辞任や「桜を見る会」関連、そしてIR(統合型リゾート)をめぐる収賄疑惑で自民党に所属していた議員が逮捕されるなど相次ぐスキャンダルで求心力が低下するなか、安倍政権のもとで「ニッポンのかたち」を変えていくべきか否か。そもそも、総理の椅子を明け渡す時期に差し掛かっているのではないか──結論次第で、この国の進路は大きく変わる。

 4月には韓国で文在寅政権への審判が下される総選挙があり、11月にはトランプ政権があと4年続くのかを決める米大統領選が控えている。結果によっては外交交渉の前提が、根底から覆る可能性もある。

 また、4月には秋篠宮が皇位継承順位第1位の皇嗣となったことを国内外に示す「立皇嗣の礼」が執り行なわれる。それにより皇位継承関連の儀式は区切りを迎え、女性天皇の是非や女性宮家創設など、皇室の未来を巡る議論も本格化するとみられている。

 そして7月には東京オリンピックが開会する。直前の投開票となる都知事選では、都民による小池都政への評価が下される。五輪での日本勢の活躍や閉会後の停滞が懸念される景気動向も重大関心テーマだ。

 さらには、70歳定年制の導入や高齢ドライバーへの運転制限など、急速に進行していく高齢化とどう向き合うかも、改めて問われることになるだろう。

 様々な局面において、日本人の一人ひとりが、結論を出していかなくてはならない。令和2年はそんな年になりそうだ。

※週刊ポスト2020年1月17・23日号

関連記事

トピックス

中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン