• TOP
  • ライフ
  • 東大中退シェフが手掛ける「日本一おいしい病院レストラン」

ライフ

2020.01.18 16:00  女性セブン

東大中退シェフが手掛ける「日本一おいしい病院レストラン」

日本一おいしい病院レストランのシェフ・山田康司さん考案の、キャベツと肉だねを炊飯器に重ねて入れるだけで作れる「キャベツケーキ」(写真は著書『日本一おいしい病院レストランの野菜たっぷり長生きレシピ』より。撮影/泉健太)

 北陸新幹線の上田駅からバスで揺られること約30分。このあたりではひときわ高い9階建ての最上階に、目的のレストランはある。2013年の夏に開業したレストラン『ヴァイスホルン』だ。

 白を基調とした店内にはアンティークの家具や雑貨が並び、南に大きく開けた窓からは、上田の山並みがはっきりと見下ろせる。

 提供していただいたのは、メインの「牛ヒレ肉のソテーファン」を含む6品。ミディアムレアに火が通った牛肉はやわらかく上品。つけ合わせには、ほんのり甘い大根とにんじんのソテー、にんにくの風味が香ばしいきのこ、ほどよく歯ごたえの残ったほうれん草…。出てくる食材はどの家庭でも使うようなものだが、一つひとつの味が際立って、見事に調和している。まさに本格フレンチである。長野の上田市にこんな名店があったとは──。

 驚くべきはそれだけではない。この『ヴァイスホルン』は、なんと病院の中にある。

「地域に開かれた病院」を目指す、この丸子中央病院では、その一環として病院レストランを開放しており、一般客も利用できる。営業は平日のみで、日替わりランチ(平日11時~、14時ラストオーダー)と、カフェ・4~5種類の中から選べるデザートセット(平日14時~、16時ラストオーダー)を提供。それでも遠方から食べにやってくる熱心なファンが後を絶たない。

 もちろん、患者にとっても『ヴァイスホルン』は魅力的だ。入院患者には、月に1度「スペシャルディナー」の日を設け、特別メニューを提供している。また、冒頭で登場した牛ヒレ肉のソテーをはじめとする6品は、人間ドック受診者に提供される特別メニューだ。

「一見、ボリューミーですが、前夜から食事を抜かなければならない人間ドックの後に提供されるので、みなさんペロリと召し上がってしまいます。苦しい検査の後の“ごほうび”のように感じてくださっているみたいです」(丸子中央病院広報部スタッフ)

人間ドック受診者専用の特別ランチ。メニューは牛ひれ肉のソテーをメインに、焼き鮭、えびと帆立のポン酢ジュレ、朝鮮人参のスープ、柿とほうれん草のくるみあえ、デザート(撮影/平野哲郎)

関連記事

トピックス