「ダイヤモンド・プリンセス」から、救急車で病院に運ばれる感染者(共同通信社)

「個人的な意見ですが、患者を診る医師の立場から言えば、致死率が1%を大きく割り込む病気を理由に疑わしいぐらいの人々を隔離するのは、隔離された人々への負担が重すぎます。一方で、流行を防止する公衆衛生の立場からは、仮に致死率が0.1%でも数十万人の患者が出れば数百人が死亡することになり、発症前の隔離もやむを得ないかもしれません。この2つの考え方のバランスを取ることが難しい」

 乗客からすれば、早く下船して日常生活を取り戻したいだろうが、それによって、多くの国民の日常生活が害される恐れがある。個々人の自由を尊重すれば、その自由を成り立たせている社会基盤が崩れかねない。

 評論家の呉智英さんは「隔離やむなし」との見解だ。

「非常時においては、平時のように『みんなで議論して妥協点を探そう』とはいきません。悪性の感染症者を隔離する例は過去にもありましたが、今回も同様に隔離が必要です。差し迫った状況ゆえに全員が納得できる回答はあり得ず、公権力を行使してウイルスに感染した可能性のある人々を隔離する必要があります」

 ヘルスコミュニケーションが専門の京都大学大学院医学研究科教授の中山健夫さんはこう言う。

「同じ事実を目の前にしても、人それぞれの価値観や立場によって、行動や考え方は違ってくる。“解放してあげて”と思う人もいれば“隔離したままの方がいい”と思う人もいるでしょう。一般の人たちが心の中で考えることは自由ですが、不安に振り回されすぎることは危険な時があります。今は自身や家族の身を守るために手洗いを徹底するなど、個人レベルできちんとすることが第一です。必要以上に騒ぎ立てずに動向を見守るという考え方が大切です」

◆医療機関パンクの懸念と「正しく恐れる」ことの重要性

 現状、想定されている感染力を考えると、不特定多数の人が利用する電車やバスといった密室の移動手段はリスクと言わざるを得ない。会社や学校に行くことは、もはや文字通り“命がけ”となるのだ。名古屋市衛生研究所微生物部長の柴田伸一郎さんが指摘する。

「2009年に新型インフルエンザが流行した際は、地域によっては小中高が臨時休校になり、街の興行施設(映画館など)が自主的に営業を停止しました。今回の新型コロナウイルスも感染が広がれば、同じ対応になるかもしれません」

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
芳根京子の奏でる“音色” 『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』で歌姫・ミーナの声を担当 
女性セブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン