芸能

横山裕 「汚い被り物」をしてジャニー氏に怒られた思い出

背景にはジャニー喜多川氏による巧みな戦略があったという

 ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系、毎週月曜21時~)で、監察官・山内徹を熱演している関ジャニ∞の横山裕(38才)に話を聞いた。「作品ごとに自分の中で何か得ないと、意味がないと思っている」と言うように、役者として作品に向き合う姿勢は実に真摯だ。言葉の端々から、モノ作りの現場を愛してやまない熱い想いが溢れている。さらに、“絶対”にまつわる10の質問には、軽妙な答えで飾らぬ素顔を見せてくれた。

 * * *
 前作(2018年)の撮影中から、「もしかしたら続編があるかもね」と沢村(一樹)さんと話していたので、本当に決まった時には、率直にうれしかったです。シリーズ化するということは、それだけファンのかたがたくさんいらっしゃる作品だということ。その期待を「やられた」と思われるくらい、いい意味で裏切りたいと思っています!

 アクションはもちろん見どころですし、台本がとにかくおもしろいから、ぼくたち役者がどう命を吹き込んで演じるか…というおもしろさがある。潜入捜査で変装することも多いので、多面性を出せる楽しさと難しさを感じながら演じています。

 ドラマってバラエティー番組とは違って、物語の結末というゴールが決まっている。そのゴールに向かって、みんなで1つのモノを作るのがおもしろいんですよね。ドラマの現場って大変なんですよ。2分くらいのシーンなのに、3~4時間かけて撮ることもあるし、効率はめちゃくちゃ悪い(笑い)。

 でも、大変さを含めてみんなで試行錯誤することも、モノづくりの醍醐味だと思います。スタッフさんを含め、みんなが同じ方向を向いて熱い思いを持って作っているその“熱さ”が好き。ドラマの現場にいると、「仕事してるな」って実感するんです! 

◆“絶対”に関する10の質問

Q.1 絶対に行ってみたい場所は?
「ヨーロッパ。行ったことがないので、死ぬまでには行きたいですね」

Q.2 絶対に克服できないものは?
「キュウリ。子供の頃から食べられない」

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト