• TOP
  • ライフ
  • 可燃性すさまじい「お箸の持ち方問題」 ダルビッシュも参戦

ライフ

2020.02.28 16:00  女性セブン

可燃性すさまじい「お箸の持ち方問題」 ダルビッシュも参戦

賛否両論繰り広げられた「箸の持ち方問題」(写真/アフロ)

 ツイッターで、時事ネタやネットの出来事を日々つぶやき、『立て板に泥水』『深爪流~役に立ちそうで立たない少し役に立つ話』(ともにKADOKAWA)の著書がある主婦、深爪さん(@fukazume_taro)が、ネットでの“可燃性”をがすさまじい、「お箸の持ち方問題」について綴る。

 * * *
 先日、プロ野球選手・ダルビッシュ有さんの、「『お箸の持ち方はこうでないと行儀が悪いから、そんな奴は非難されて当たり前だ』って言い出したん誰なんやろ」という問いかけが発端となり、ツイッターでは「お箸の持ち方」論争が繰り広げられた。

 ダルビッシュさんはさらに、「『正しいマナー』なんて価値観人それぞれなんだから、自分の正しいを大事にすればいい」「自分で言うのは変やけど俺は酷い」と付け加え、自分の箸の持ち方を撮影した動画を投稿して「これが令和のスタンダード」とツイートした。

 すると、「国際的に活躍する日本人なのに残念過ぎる」「そんなのが『令和のスタンダード』なわけがない。開き直るのか」などと批判が殺到したという。「これが令和のスタンダード」というダルビッシュ渾身のボケも笑ってもらえないほど、“お箸警察”のみなさんの逆鱗に触れてしまったようだ。

 と、他人事のように述べてみたが、かく言う私も箸は正しく持てた方がいいと思っている側の人間である。以前、「しつけやマナーは『相手を不快にすること』以外は全く重要視しない。だから子供の箸の持ち方なんかどうでもいい」と主張する母親のツイートを見たことがあるが、私は、箸の持ち方や食べ方がおかしい人と一緒に食事をするのは割と不快なので共感できなかった。

というか、マナー以前に、箸の持ち方や食べ方が美しいとそれだけで周囲に好印象を与えることも多いし、それをしつけてやることは子供にとって生きていく上で大いなるアドバンテージになると考えているので、私には「どうでもいい」とは全く思えなかったのだ。

 若い頃、顔がよくてやさしくて下半身的な意味でも最高の男性とつきあっていた。しかしながら、彼の食べ物を頬いっぱいに入れて食事する姿がどうにもがまんできず、別れたことがある。いまだにハムスターを見ると彼を思い出す程度にはトラウマだ。このように、食べ方に関しては「生理的に無理」が発動しがち、というのを鑑みてもやはり箸の持ち方は重要だと思うのである。

関連記事

トピックス