• TOP
  • 芸能
  • 佐藤浩市の黒板アートが本人に似すぎ! 丸山桂里奈が仰天

芸能

2020.03.02 16:00  NEWSポストセブン

佐藤浩市の黒板アートが本人に似すぎ! 丸山桂里奈が仰天

福島第一原発事故をテーマにした映画『Fukushima 50』のイベントに登場した佐藤浩市

 俳優の佐藤浩市と元サッカー選手の丸山桂里奈が、映画『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』(3月6日公開)の黒板アートイベントに登場した。

 同作は、東日本大震災発生時に福島第一原子力発電所に残り続けた50人の作業員を描く。佐藤は渡辺謙とのダブル主演を務める。丸山は「東京電力マリーゼ」時代に福島第一原発に勤務した経験を持つ。

 イベントでは、福島の会津学鳳高校美術部員が制作した、チョークで描かれた黒板アートが披露された。黒板には渡辺謙と佐藤の顔が描かれていたが、丸山は「ここまで似てると驚いちゃう」とその出来栄えを称えていた。
 
 東京電力女子サッカー部に在籍していたため、原発事故の際に陣頭指揮にあたった吉田昌郎所長(故人)の部下にあたる立場だったという丸山。吉田氏にお茶を入れていたエピソードを明かし、作品を見て涙が止まらなかったと語った。

撮影/高柳茂

黒板アートではダブル主演の渡辺謙と佐藤浩市が描かれた

吉田所長の部下だった丸山桂里奈もびっくり

映画『Fukushima 50』の黒板アートイベントの様子

関連記事

トピックス