国内

滝川クリステルと小泉進次郎、問題夫妻扱いで今が正念場

「宴会の儀」に出席した進次郎氏と滝川(写真/時事通信社)

 薄い黄緑の鶸色の生地に、南天の朱と金糸を使った金駒刺繍。目にも麗しい着物に、人間国宝の染織家・北村武資さんの帯を締めた滝川クリステル(42才)が、大臣の妻としてのデビューを飾った。

 2月23日、皇居宮殿豊明殿で開かれた天皇陛下60才の誕生日を祝う「宴会の儀」に、夫の小泉進次郎環境相(38才)とともに出席した。即位後初めてとなる今年は、安倍晋三首相や国会議員ら464人が参加。滝川は皇后雅子さまと豪華ランチでの“初対面”となった。

 夫妻の人気のピークは、結婚発表の瞬間だったかもしれない。結婚後、進次郎氏は過去の女性遍歴が次々と報じられただけでなく、逢瀬に使ったホテル代を政治資金、つまり血税で支払っていた疑惑が浮上。大臣としての資質を疑う声もあがった。

 一方の滝川も、結婚を報告するインスタグラムで《「政治家の妻はこうあるべき」という形に捉われず》と豪語したものの、愛犬・アリスが進次郎氏の暮らす議員宿舎では飼えないことを理由に、都内の高級マンションで“別居”生活を送っていることなどが非難の的となった。

「つい先日も、進次郎氏が新型肺炎の対策会議を欠席した日に、夫婦そろって地元・横須賀市で開かれた後援会の新年会に参加していたことが明らかになり、自覚の欠如が指摘されました。いまやふたりは、将来の総理とファーストレディーというよりも、“問題夫妻”として注目されていて、まさに正念場といえます」(全国紙政治部記者)

 そうした中での宴会の儀は、失敗など許されない舞台。滝川はメディアの和装特集にもたびたび登場するほどの和服好き。着物業界にも精通しており、その知識を生かした“秘策”で挑んでいた。

「今回の着物は、以前CM撮影時にお世話になった呉服屋さんからレンタルしたものだそうです。宴会の儀のような場面では、和装なら最も格式の高い留袖を着るのが一般的ですが、この日滝川さんが着ていたのは、格が1つ下の訪問着。一歩下がった、奥ゆかしさを強調したかったんでしょうか。それでも帯に人間国宝の作品をチョイスするあたりは、彼女らしい(笑い)」(滝川の知人)

 晴れ舞台のデビューはまずまずといったところのようだ。

※女性セブン2020年3月19日号

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン