芸能

嵐ドキュメンタリーで見えた プロデューサー松本潤の異能

ファンからは松本潤への驚きの声が続々(NETFLIX HPより)

「活動休止まで残り9か月。中国・上海ライブは中止になってしまいましたが、その分、ファンに多くのメッセージを伝えたいと、ますます活動に力を入れているように見えます」(テレビ局関係者)

 嵐の5人は「お客さんのために」といつも口をそろえてきた。ライブだけでなく、歌番組やバラエティーへのこだわりも、以前よりも強いものになっているという。

 Netflixで配信中のドキュメンタリー『ARASHI’s Diary =Voyage-』でも、こだわりは垣間見えた。2月29日に配信されたばかりの第3話、第4話にはドームツアーを控えた5人の様子が映し出された。

「5人の関係を見て、衝撃的でした。あそこまで松潤がすべてを決めながら、嵐はやってきたんだと。4人vs1人に見えるほど、ほかのメンバーとの違いが際立っていました」(40代ファン)

「松潤の孤独な闘いに思わず泣いてしまった。4人も松潤をしっかり立てている。すごい関係だと思いました」(30代ファン) 

 ドキュメンタリーが配信されるや、ファンからは松本潤(36才)への驚きの声が続々と上がった。

 ドキュメンタリーの冒頭は、嵐の20周年記念ライブ『5×20』のリハーサルスタジオの様子から始まった。レッスンの休憩中、二宮和也(36才)、櫻井翔(38才)、大野智(39才)、相葉雅紀(37才)の4人が、じゃんけんを始めた。「言ってよ」「やだよ」「じゃんけんな」「おれかよ…」と負けたのは大野。スタッフと打ち合わせ中の松本のそばまでおずおずと歩み寄った大野は「全体、以上かな?」と声をかけた。

 これで本日の全体リハーサルは終了なのか、つまり自分たちは帰っていいのかと確認した大野に対して、松本は口元を緩めながら「明日でいいかな」とメンバーのリハ終了を告げた。4人は笑顔になり帰途についたが、松本はひとり残る。ここからはプロデューサーとしての仕事がある。長い打ち合わせを終え、スタジオを後にしたのは、明け方4時30分を回っていた。

 ツアー初日当日、「楽しもうぜ」と円陣を組んで鼓舞する声出しも、「レーザー減らそう」と照明を変更するのも、会場で流す映像を決めるのも松本。二宮が「まっさんすげえよ…」とつぶやき、櫻井が「どういう能力なんだろうな、あれは」と松本の異能を称える場面もあった。

「生着替えやお風呂場面もたまりませんでしたが、メンバーがライブ終了後に、疲れ切って倒れ込むようにベッドに横たわり、控室でマッサージを受けていたのが印象的でした。その中でもMJ(松潤)だけは、みんなが食事を始めても起き上がれないのかマッサージを続けていて…。みんながMJに気を使って好物のあなごを食べ始めるのを待っていたところにも感激してしまいました。とにかくこれはMJのドキュメンタリーですよね」

 配信を見終わった20代のファンも興奮して話す。前出のテレビ局関係者が続ける。

「松本さんの嵐への思いが痛いほど伝わってくる。テレビ業界の中でも、ここまで彼が仕切って仕上げていたのかと話題です。かといって孤立はしていない。4人の松本さんへの感謝もひしひしと伝わり、嵐が20年走ってこられた理由がわかりました。松本さんがライブにあそこまで注力しているからこそ、バラエティーのときにはほかのメンバーがどうにか頑張ろうとしてくれていたんだなと妙に納得してしまった」

 ドキュメンタリーではメンバーのインタビューが時折インサートされる。第3話の最後、相葉の言葉がよく5人の関係をよく表しているのかもしれない。

「みんな言ったもんね。誰か1人がいなくなって、4人でやるのは絶対、嫌だって」

 舞台裏を見て、強い絆をさらに実感させられる。

※女性セブン2020年3月19日号

関連記事

トピックス

綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン