国内

新型コロナ、PCR検査が民間で普及しない背景に天下り

新型コロナの検査難民が続出(写真/アフロ)

 世界的に感染が拡大している新型コロナウイルス。日本国内では感染の有無を診断する検査の実施が進まない状況がある。実際の臨床現場では、医師が「検査が必要」と判断したら保健所に連絡し、さらに保健所が地方衛生研究所(衛生研)など実際に検査をする機関に依頼する流れとなっている。

 最大の問題は検査の実績である。当初、政府は「1日約3800件の検査が可能」(2月18日)と説明したが、実際にはそれらをフル稼働させず、2月下旬の段階で1日平均で900件の検査しか実施していなかったことが国会での追及で明らかになった。

 苦痛を訴える国民、そしてそれを治療しようとする医師たちが、検査を受けようにも検査できる数があまりに少ない──そんな医療崩壊ともいえる事態を招いたのは、政府のミスと怠慢以外のなにものでもない。

 ウイルスの感染の有無を調べるには、のどの粘液などを採取し、試薬を加えるなどしてこのウイルス特有の遺伝子配置を検出する「PCR検査」が行われる。

 PCR検査をするには患者を診察した医師が保健所に連絡し、保健所が必要ありと判断した場合に限り、国立感染症研究所(感染研)の配下にある衛生研などが検査を実施する。

 PCR検査は感染研と衛生研がほぼ独占的に実施しており、現状、民間機関が検査するケースは少ない。

 その独占状態が問題との指摘がある。

「感染研は感染症の拡大防止が目的ではなく、感染症の調査や研究を行う組織です。新型コロナ問題でも、感染研は初期段階で拡大防止ではなく、疫学調査をPCR検査の目的としていた。

 しかも感染研は検査をする母体を、傘下の衛生研だけに絞り、民間に委ねなかったので検査できる人数に圧倒的な不足が生じ、保健所での検査拒否が続出しました」(全国紙社会部記者)

 2月28日の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に出演した元感染研研究員で白鴎大学教授の岡田晴恵さんは驚愕の証言をした。

 その日、岡田さんは民間機関にPCR検査が普及しない理由について、ある政治家から以下のような説明があったと明かした。

《これはテリトリー争いなんだ。このデータはすごく貴重なんだ。衛生研から上がってきたデータを全部、感染研が掌握する。このデータを、感染研が自分で持っていたいということを言っている専門家の感染研OBがいる。そこらへんがネックだった》

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン