国際情報

中国各地で閉鎖解除 多くの人が繰り出し感染再流行の懸念

中国だけの問題ではない

 中国では習近平国家主席が4月1日、浙江省を視察した際、「国内ではすでに感染症流行のピークは過ぎた」などと指摘。新型コロナウイルスの感染は終息に向かいつつあるとの見方を明らかにするなど、4月に入って1日の感染者数は30人台を推移しつつある。

 これに伴い、閉鎖していた観光地やテーマパークなども徐々に再開しているが、これまで自宅待機状態を余儀なくされていた市民が、ここぞとばかり観光地や繁華街などに繰り出すようになっている。これにより新たな感染の危機が叫ばれ、再び閉鎖せざるを得ない状況に追い込まれていたことが分かった。米CNNなどが報じた。

「黄山を見ずして、山を見たというなかれ」との言葉で知られ、中国の水墨山水画のモデルともなった中国安徽省の景勝地で、1990年にユネスコの世界遺産に登録されている黄山。ここに、4月4日には1日の制限数を超える2万人以上の人々が押し寄せる事態となった。

 ネット上では数千人もの観光客でぎっしり埋まった黄山の遊歩道の模様を撮影した写真がアップされ、瞬く間に拡散していった。マスクをしている人が圧倒的に多いものの、人々は密着している。

 このような状態になったのは、黄山公園の事務所が1月下旬からの閉鎖が解除されたことで、多くの客を呼び込もうとして、ネット上で「無料開放」を大々的に宣伝したためだ。これに呼応して、これまでの厳しい移動制限や都市封鎖が続いたことにより溜まったストレスを発散しようと、多くの市民が繰り出したようだ。

 しかし、慌てたのが安徽省政府の当局者で、4日午前7時48分、「黄山公園へ入園者数が1日2万人の上限に達した。もはやこれ以上の観光客は受け入れない」との異例の発表を行わなければならなかった。

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン