芸能

志村けんさん、子供を授かっていた過去「共演したかった…」

著書で子供について告白していた志村けんさん(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した、志村けんさん(享年70)。未婚を貫き子供をもうけることはなかったが、晩年に「子供への思い」をより強めていたことは、本誌・女性セブンを含めて複数のメディアが報じてきた。その背景には、あまり知られていない過去が影響している。

 実は2002年に発売された著書、『変なおじさん【完全版】』(新潮文庫)で、志村さんはある事実を告白している。

《何かの拍子に子供ができちゃった。まだ子供なんかふざけんなっていう時代だったから、どうしようかって困ってしまい、向こうの親にもさんざん怒られた。結局、オヤジの退職金の残りをおふくろから借金して、それで先方に謝りに行ってなんとかおさめてもらった》

 これは志村さんが19才、ザ・ドリフターズの付き人時代の出来事だという。当時を知る志村さんの知人が言う。

「そのとき、志村さんは16才の専門学校生と交際していて、初めての同棲生活を送っていたそうです。同棲してすぐに子供を授かったのですが、当時の志村さんの月給は1万5000円ほど。法律的には結婚できる年齢ですが、付き人の生活と給料では育てられないと悩んだ。彼女と相談して諦めたんです。ほどなくして、その女性とも終わってしまってね…。その後、志村さんがこの話題を口にすることはなかった」

 24才でザ・ドリフターズの正式メンバーになると、人気が沸騰。多忙な生活を送る中、女性と交際する機会はあったが、長くは続かなかった。コメディアンとして、お茶の間に笑いを届ける“仕事人”に徹した。心境の変化が起きたのは、50才前後だという。

2018年、麻布十番を女性と歩く志村さん

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン