芸能

民放2年目女子アナ「1年目の通信簿」 斎藤ちはる、田中瞳他

 4月を迎え、2019年入社組の女子アナたちも社会人2年目となった。そんな彼女たちの「1年目の通信簿」を女子アナウォッチャー・丸山大次郎氏が辛口採点。11人の実力は、果たしてどう評価されたか──。

◆テレビ朝日・斎藤ちはるアナ(23)

元・乃木坂46の斎藤ちはるアナ

「元乃木坂46のメンバーで、入社早々『羽鳥慎一モーニングショー』が決まった、局を背負うアイドルアナ。良い意味で派手さがなく、番組で乃木坂のダンスを披露した様子も嫌みがなかった。主婦層の受けも良いし、ルーキーながら原稿読みにもまずまず安定感があります。3月から冠ロケ番組が始まり、より切れ味鋭いコメント力を磨けるか注目です」(丸山氏、以下「」内同)

◆テレビ東京・田中瞳アナ(23)

田中瞳は『モヤさま』にいきなり抜擢された

「大学時代に日テレ系『NEWS ZERO』のお天気キャスターをしていた頃から小動物系の愛らしさで人気でした。人気番組『モヤモヤさまぁ~ず2』への抜擢は局からの期待が窺えます。芸人との絡みを必死にこなす様子やアドリブ力は近年でも頭ひとつ抜けている印象。ネット上では『モヤさま』でヨガを披露したり、そのセクシーさも人気です」

◆日本テレビ・河出奈都美アナ(23)

河出奈都美アナは清楚な雰囲気

「久野静香アナや尾崎里紗アナのように清楚な雰囲気を持つ日テレの王道路線。それゆえ現時点でのキャラ立ちはありません。出演番組の『シューイチ』は女子アナのコメント機会が多いので個性を磨く途中でしょうか。ただ、『news zero』で報道アナとして育つ可能性もあり、いずれにせよある分野でキャリアを積んで遅咲きするタイプではないでしょうか」

◆日本テレビ・杉原凛アナ(23)

杉原凛アナは親近感を感じさせる

「新人のお披露目時に同期の河出アナが“品川育ちのお嬢様”、杉原は“埼玉ド田舎の町工場娘”と紹介され、視聴者の親近感がかなり上がりました。この親近感は水卜麻美アナのそれと近しいものがあり、『Oha! 4 NEWS LIVE』月曜メインキャスターを任されるなど局からの期待度も窺える。特技はフラダンスという一面もタレント性を感じます」

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン